ニュース

小松大悟選手に感謝状を贈呈

先日、開催された「TECHNO293全日本選手権2021」において、レース中にヘルニアを発症し動けない選手が居ることを迅速に運営船に伝え、自らレースを離脱し救護にあたった選手の行動により、結果、大事に至らなかったという事を大会実行委員会より報告を受けました。
ついては、日本ウインドサーフィン協会(JWA)として、レース中に於ける人命救助活動をして頂いた小松大悟選手の行動に深く感謝し、感謝状を贈呈することを決定致しました。
小松大悟選手に心より感謝するとともに今後のご活躍を祈念いたします。

NPO法人 日本ウインドサーフィン協会
会長 川添 雄彦

« »





プライバシーポリシー

Copyright © JAPAN WINDSURFING ASSOCIATION all right reserved.