セールナンバーについて

セールナンバーについてのルールと解釈例について ー

セールナンバーは、レースにおいては「リコールナンバー」とも呼ばれ、表記に公平性がない場合、リコール等に不公平が生じる恐れがあります。また、レースの運営(フィニッシュでの読み取り、集計等)にも悪影響を与えます。
セールナンバーの表記はウィンドサーフィン競技規則(以下WCR)において、以下のように規定されており、JWAでは2014年度の大会から厳密な運用を行っています。

1:JWA競技委員会として定める、各競技会におけるセールナンバーの表示方法

◯レース系競技会では、その性格上リコールやフィニッシュ等でセールナンバーの役割が重要であり、損得を無くし公平性を保つためにルール通りの表記方法以外は認めない。 以下に示すWCR G1.2/G1.3に従って表記すること。
ただし、クラスルールにて表記方法が定められているクラスのセールを、そのクラス以外のレース等で使用する場合は、クラスルールに準じた表記のまま使用できるものとする。(iQFOIL、Windsurfer、等)


◯ウェイブ、フリースタイル系競技に於いては、必ずしもナンバーが必要ではない為、表示義務は設けない。

◯競技の種類にかかわらず、JWA会員は安全面の理由から各自全てのセールに登録ナンバーを表記しておく事を推奨する。(道具漂流などの際を想定して、海上保安庁等から識別表示を求められているため)

<WCR2017-2020>
G1.2 仕様
(a)国を示す文字とセール番号は、大文字とアラビア数字で、はっきりと読みやすく、また同じ色のものでなければならない。ヘルベティカと同じか、またはそれ以上に判読しやすい市販の書体が適している。

(b)文字高さと、セールの同一面および反対面での隣接する文字の間隔は、艇の全長に応じて次のようにしなければならない。

全長 最小高さ 文字間およびセールの端からの最小間隔
3.5m未満 230mm 読みやすい適切な間隔

G1.3 位置
クラスを示す印、国を示す文字およびセール番号の位置は、次のようにしなければならない。
(a)クラスを示す印は、セールのラフ上の、ヘッドからウィッシュボーンまでの距離の1/3の点から直角に引いた線より上の場所に、セールの両面に各一つ、表示しなければならない。
国を示す文字とセイル番号は、どの広告からも明確に分離して、ウィッシュボーンから上を3等分した中央の部分に表示しなければならない。それは黒字でなければならず、セール両面に不透明の白地の上で背中合わせに、貼り付けなければならない。この白地は文字より最低30mm以上大きくなければならない。国を示す文字とセール番号の間には「-」を付け、文字の間隔は、読みやすいように適切な間隔を空けなければならない。

「ヘルベティカ」フォントの例(MSWindowsでは Arialフォント)

文字のサイズおよび仕様

文字の位置

2:セールナンバー判読について

ヘルベティカと同じかそれ以上に判読しやすいとJWAが判断する書体の例 (MSWord標準書体・いずれも太字)

<https://jw-a.org/wp-content/uploads/2020/06/sailno_img4.jpg>

3:セールナンバーについてのQ&A

ルール上は、「~が適している」となっており、「~でなければいけない」とはなっていません。しかし、運営が「判別しづらい」と判断すればルールに抵触する恐れがあります。最低限「市販されている書体」であることが必要です。(独自のデザイン文字等でないこと)海上で揺れる船の上から、ある程度の距離を空けて、動いているセールに貼られた番号が瞬時に判断できる書体が求められます。ゴシック系>明朝系 太字>細字が一つの目安です。

フォントを正しくトレースしていれば、手書きでもルールには抵触しませんが、マジックで塗った場合には、「色が薄くなる」等の他用件で抵触する恐れがありますので、推奨しません。

G1.3はウィンドサーフィン附則Bで表記が変更されているところであり、これに従えばよいことになります。つまり、白地の端まで「30mm以上」、文字間隔は「読みやすい適切な間隔」となります。適切な間隔とは、重なり合っていないことはもちろん、遠くからでも文字一つ一つが、明確に分離して判断できることが必要です。一例として白地の端までの距離=30mmと同じだけ離れていれば要件を満たすと判断できます。(注1参照)

日本国内における国内大会においては必須とはなりません。ただし、国別表記を示す際は「JPN-」に限ります。(いわゆるJ○○などはルールに抵触します)国際大会については大会の規定に準じます。

ー JWAのセールナンバーに関する取扱い

1:JWA預かりセールナンバー

1.1ケタ、2ケタ、ぞろ目の人気セールナンバーの選手が、会員登録を更新しなかった場合は、JWA預かりセールナンバーとしてJWA競技委員会で保有することとします。

2. JWA預かりセイルナンバーの取得を申請する場合は、過去2年間の選手活動実績を提出し、JWA競技委員会で審議ののち、結果を返信することとします。
この審議の際の判断基準は、「選手活動として国際大会に出場」、「過去2年間に活動実績のあるJWAプロ選手」、「JSAF強化選手」のいずれかであることを基本とします。この条件が重複する場合は「大会のグレードや規模等」と「その成績」を参考に総合的に判断することとします。

3. 1ケタ、2ケタ、ぞろ目の人気セールナンバーに関しては、国を代表とするナンバーになることも考慮し、一定の保有資格を有すると認めるものに優先的にそれらのナンバーを付与できるようにするため、以下の措置をとる場合があります:

『毎年の更新の際に活動実績等を考慮し、競技委員会によるナンバー継続の可否を審議します。「選手として活動しなかった」、「引退した」また、「理由(けがなど)がある場合を除き、JWA主催、公認の大会に参加していない」等 の場合は、JWAへの返納を求め、前述の手順に基づいて新たな選手に付与するものとします。

2:セールナンバーの変更希望

原則として会員登録・更新を済ませ、現行会員である方のみ、1年に一定期間、JWA管理下にある二桁、一桁のセールナンバーへの変更希望受付を致します。

空きセールナンバーは更新手続きや入会手続きのシステムにあるセールナンバー重複チェック機能をご利用ください。

2-1:変更希望の申し出

登録済みセールナンバー一覧に記載されていないセールナンバーは空きセールナンバーです。現在、空いているセールナンバーへの変更希望は、変更希望申込書をダウンロードして、必要事項を記入の上、毎年3/1~3/20(必着)までに、事務局まで問合せフォームに記入の上、JWA事務局(wind@jw-a.org)までメールにてお送りください。

2-2:協議、審査

受付終了後、JWA競技委員会での協議、審査になります。後日、セールナンバー変更の手続きの結果をメールにてご連絡致します。

希望通り、セールナンバー変更された方

3/25には審査結果を希望者にお知らせします。
4月初旬に開始される、新年度から変更したセールナンバーで登録してください。

希望ナンバーに変更できなかった方

お使いのセールナンバー、または昨年、登録歴のない空セールナンバーにて登録ください。

2-3:申請が重複した場合

3ケタ以降の空き番号は、基本的に新規登録・更新時に申請順に確定しますが、万が一同じタイミングの申請で希望の番号が重複した場合は、以下の基準で優先権を決定いたします。

  • 「選手活動として国際大会に出場している」、「過去2年間に活動実績のあるJWAプロ選手である」、「JSAF強化選手である」者を優先といたします。
    主に国内で活動する選手を優先といたします。
  • 前年まで使用していたセールナンバーを優先といたします。
  • 上記の条件をもとに最終的にJWA競技部会 セールナンバー委員会にて決定いたします。

ー 取得済みセールナンバー一覧

このリストは1ヶ月ごとに更新されます。ご質問がある方は以下にお問い合わせください。

セールナンバーの表記等に関するお問い合わせ

NPO法人日本ウィンドサーフィン協会(JWA)
競技部グループ セールナンバー委員会

国枝理事 中嶋
〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町4-3-21 桂ハイツA202
TEL:0467-33-6199 FAX:0467-33-6219
E-MAIL:wind@jw-a.org

セールナンバーの変更等に関するお問い合わせ

JWA事務局

〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町4-3-21 桂ハイツA202
TEL:0467-33-6199  FAX:0467-33-6219
E-MAIL:wind@jw-a.org



プライバシーポリシー

Copyright © JAPAN WINDSURFING ASSOCIATION all right reserved.