ニュース

新型コロナウイルス感染防止対策指針(改訂1)

 新型コロナウイルス感染症は未だに収束という段階に至っていませんが、一方でワクチン接種が進むことで免疫を獲得する人々が徐々に増えているのも事実です。そうした変化に伴い、JWAとしても柔軟に指針に変更を加えつつも競技会・イベント等の開催継続を基本方針としてきましたが、先に述べた通りに感染症の脅威は消えておらず引き続き予防策の徹底が求められますので、現状に即した指針として以下に示します。競技会、イベント開催者は勿論のこと、JWA会員の皆様方にもスポーツマンシップに則った行動をお願い致します。

■ウインドサーフィン愛好者のみなさまへ
いかなる場所においても、感染予防のために基本対策をお願い致します。
基本対策 ➡【検温】【手指の消毒】【マスクの常時着用】【ソーシャルディスタンスの維持】

■競技会・イベント等開催者のみなさまへ
★開催地域の行政が発信している最新のガイドラインを必ず確認して下さい。
★行政が発信しているガイドラインを遵守して下さい。
★必要に応じた検査体制(PCR検査、抗原検査等)を徹底して下さい。

【開催に於ける指針】
開催地、参加者のいずれかが「緊急事態宣言」または「まん延防止等特別措置」発出エリアの場合
▶開催の中止または延期を検討して下さい。
▶中止、延期ができない場合は、参加者及び関係者全てに以下の対策を義務付けて下さい。
・開催日より72時間以内のPCR検査(※やむを得ない場合は開催日当日の抗原検査)。
・徹底した基本対策。
開催地、参加者共に「緊急事態宣言」或いは「まん延防止等特別措置」発出エリア外の場合
▶開催地の行政が発信しているガイドラインや学校等の団体が発信しているルール・方針を遵守して下さい。
▶必ず以下の基本対策を行って下さい。
基本対策:〖検温〗〖手指の消毒〗〖マスクの常時着用〗〖ソーシャルディスタンスの維持〗
▶上記に加え、必要に応じて感染拡大予防に効果の高い検査を行って下さい。
・開催日より72時間以内のPCR検査
・開催日当日の抗原検査

※①、②のいずれの場合も、中止もしくは延期に関しては競技会開催者及び開催地域の行政の判断に従って下さい。また、各々の地域の情勢を十分に考慮した上でシーマンシップに則った判断をお願いします。

◆競技会運営に際して
 大会申請及び大会公示には「新型コロナウイルス感染対策」の項を記載し、実行委員会、運営、参加者の全ての関係者が十分に現状を理解し、対策を実行することとします。また、日本セーリング連盟、日本スポーツ協会が発信しているガイドラインも参考にして下さい。
< 日本セーリング連盟 ガイドライン / 日本スポーツ協会 ガイドライン>

特定非営利活動法人 日本ウインドサーフィン協会
理事長 石原 智央

« »





プライバシーポリシー

Copyright © JAPAN WINDSURFING ASSOCIATION all right reserved.