News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

2018年オリンピックウィークRS:X女子の大西富士子選手が銀メダルを獲得しました!!

最終日は微風のコンディションでのレースで、3レースともオールトップという素晴らしい活躍でした。

大西富士子選手からコメントが届いてます。

「2018年シーズン最後の大会で、世界トップ10の強豪の中国、イギリス、フランスの選手にレースで勝つことができ、最終的に銀メダルをとれたことすごく嬉しく、大きな自身につながりました。 たくさんの応援本当にありがとうございました。本番の東京オリンピックでもメダルをとれる実力をつけれるようにしっかりこれからも頑張ります。どうぞ応援よろしくお願いします! -- Fujiko Onishi」

  

2年後にせまった東京オリンピックに向け、RS:X級女子は今回銀メダルを獲得した大西富士子選手の他にリオオリンピック日本代表:伊勢田愛選手、ロンドンオリンピック代表:須長由季選手、2018ナショナルチーム:小嶺恵美と熾烈な戦いが続いてます。さらにユースの選手の成長も期待されていて、1枠をかけた戦いはまだまだ目が離せません。

 

記事を見る 

 

ワールドマスターゲームズ 2021 関西 セーリング競技(ウインドサーフィン)で使用する艇選定に関する 「実艇による試乗検討会」の開催

                                      和歌山セーリング連盟

                                      日本ウィンドサーフィン協会

 ワールドマスターゲームズ 2021 関西 セーリング競技(ウインドサーフィン)で使用する艇を選定するため、和歌 山セ―リングセンターで下記の通り試乗会を開催いたします。 ウインドサーフィンに乗れる方ならどなたでも試乗いただけます。是非、候補ボードに試乗いただき皆様の票か をお聞かせください。

実施日時 2018 年 10 月 6 日、7 日の 2 日間
時間 10月6日 午後1時から午後4時(受付は午後3時まで)

10月7日 午前10時から午後3時(受付は午後2時まで) 試乗参加者 ウインドサーフィンに乗れる方。参加費は無料です。

試乗艇 a.ウインドサーファーLT. WINDSURFER LT. b.テクノ293プラス Techno293+

c.グライド GLIDE
それぞれ原則として 30 分程度の試乗とさせていただきます。 参加人数により当日時間を指定させていただく場合があります。

参加申込 事前の申し込みは必要ありませんが、予約された方を優先します。
予約先 wsc@wakayama-sailing.org へ 「お名前」「参加希望日時」をお知らせください。

開催場所 和歌山県和歌山市毛見1514 和歌山マリーナシティ内 和歌山セーリングセンター

試乗の感想 試乗後、アンケートにご協力ください。

その他…

記事を見る 

大会4日目

今日は、朝から風もなく雨が降っていました。そのようなコンディションの中、選手たちの応援に、JWA長谷川会長が来てくださりましたが、海上のコンディションは、2ノットから3ノット、予報では8ノットくらいまで上がることになっていたのですが、風は上がらずAPが掲揚され、コンディションが良くなるまで陸上待機となりました。

お昼過ぎに雨が止み、風が入り始めましたが、規定の風速5ノットまで上がらず、風向も安定しないことから15:30まで待ち、本日のレースは中止となりました。

今回のW杯に出場しているRSXクラスの選手は、本日の時点で最終リザルトトップ10に入ることができなかったため、明日行われる決勝のメダルレースには出場することができず、本日でレースが終了となりました。

4日間応援ありがとうございました。

 

来週21日からは、江ノ島ウィークが同じ海上でおこなわれます。

先月デンマークで行われた世界選手権と、来週から始まる江ノ島ウィークの成績で2019RSXクラスのナショナルチームが決まります。

江ノ島ウィークもレポートしていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

 

 

RS:X男子リザ…

記事を見る 

大会3日目

今日は、昨日までの風とは違いパンピングコンディションでのレースとなりました。風向は70度、時より東寄りの風が入ります。

 3日目、パンピングコンディションの中、女子が頑張りました。

小嶺選手 大西選手は2レース共にトップ10に入る走りを見せてくれました。

2レース目にはトップ11に4人の選手が入り素晴らしい走りをしました。

 女子選手のレース中、休むことなく漕ぎ続ける体力は、他国の選手を圧倒するものがあります。

2レース目が終了後さらに風が東に触れ風が落ちたため本日は2レースで終了となりました。

 

RS:X男子リザルトサイト…

記事を見る 

About

<競技について>

RS:X(アールエス エックス)とは、2008年の北京オリンピックから「セーリング」種目の中のウィンドサーフィン部門の種目として採用されたものである。 国際セーリング連盟によって、Mistral One Design Classに代わる種目として選ばれた


<使用する道具>

RS:Xの艇は、ダガーボードつきのボードおよび規格サイズのセイルによって構成される。 ボードは、長さが286cm、幅93cmで、重量はフォーミュラとは異なってかなり重く、15.5kgである。 これはほとんどフォーミュラ競技用のボードのほぼ2倍にあたる。 ただしこれは、2004年アテネオリンピックで採用されたMistral One Design ClassなどのRaceboadに近い重さである。 この種目の道具の製造はニール・プライド社(Neil Pryde)が行っている。


スナップ・ギャラリー