スラロームさんの投稿 (19)

http://www.youtube.com/watch?v=S45QjW4P910

1223日に掛川市菊川ビーチにて掛川チャンピオンシップ 2017が開催され、

プロメンズクラス1レース プロウイメンズクラス 3レース オープンクラス 2レース

が行われ大会が成立しました。

 

1レース、オープンクラスのレーススタート時には、沖合17ノット前後、スタート地点12ノット前後の風速で、100ℓ以上のボードに7㎡後半のセイルを使用している選手もいましたが、風は徐々に上がり、プロメンズクラスがスタートする時には沖合25ノット前後、スタート地点15ノット前後の風速で、プロメンズが90ℓ前後のボードに6㎡前半のセイルを使用する、素晴らしいコンディションのなか大会は進行していきました。

スタート前の風景

ビーチスタートの出来る水深の位置まで歩いていきます。

スタート時の風景

ホーンの合図でビーチスタートします。

スタート後の風景

手前の波をクリアし、いち早く沖に向かってプレーニングできた選手がレースを優位に進める事が出来ます。

表彰式

     Ⓦ1位松浦 Ⓜ6位 小島 5位 田渕 4位 トーマス 3位 大舘 2位 工藤 1位 叶

     (敬称略)

     オープンクラスは2レース行われ、1レース目は1位 工藤 2位 叶 。2レース目は

       1位 叶 2位 工藤と両者同ポイントでしたが、JWAプロツアー規定により叶選手の優勝。

ベストアマチュア

       プロウイメンズクラス2位 須長選手 プロメンズクラス10位 大舘選手

プロウイメンズクラス

     1位 JPN-311 穴山プロ 2位 JPN-470 須長選手 3位 JPN-94 大西プロ                                 

     3レース行われ、JPN-311 穴山プロが1位 1位 2位の成績で優勝 

プロメンズクラス

         1位 JPN-25 浅野プロ 2位 JPN-85 鈴木プロ 3位 JPN-67 山田プロ

来春開催予定、ANA ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会での日本代表枠を獲得する為の戦いが始まりました。今後の第三戦、第四戦に注目です。

そして今週末には、アマチュアスラローマー日本1位を決定する大会が津久井浜で開催されます。こちらの方も注目、応援、宜しくお願い致します。

 

 

最後になりましたが、難しいピンポイントなコンディションで大会を運営して下さった、スタッフの皆様、安全面管理して下さったJ-PROの皆様、本当にありがとうございました。この場をお借りお礼申しあげます。                              スラローム委員 JPN-18駒井

 

記事を見る 

JPAN TOUR 2016-2017 SLALOM 最終戦

住吉浜CUP2017が、大分県住吉浜リゾートパークにて、318日~20日の日程で開催されました。

今年5月に横須賀で開催される、24年ぶりの日本でのPWAワールドカップ出場権を掛けた年間ランキング最終戦でもあり、例年以上に緊張感のある大会となりました。

         住吉浜cup 実行委委員長 穴見さんのご挨拶で大会は開幕しました。

          大会会場

初日は、プロクラスのみでしたが風が弱くノーレース。

2日目から、プロクラス、アマチュアクラスのレース予定でしたが、風が弱くノーレース。

最終日、WindGURUやGPVの数値が南東の風が上がる予報になっており、プロクラス、アマチュアクラスの各選手が朝から道具の準備をし、予報通りに11時頃から812ノットの風が入りはじめました。

各選手が最大セットでプレーニングし始めたのですが、当初予定してたレースエリアの広範囲には安定した風は入りませんでした。

しかし、運営サイドのスムーズな対応により、比較的、風の入りの良いインサイド付近にマークを設置しての、2ジャイブによるコース短縮にて、アマチュアクラスが成立しました。

その後は沖合いにマークを設置し、プロクラスのスタートを待機しましたが、ルール上の風速規定に達する事はなく、プロクラスはキャンセルとなりました。

住吉浜CUP2017を開催するに当たり、準備段階から大会運営とカレラワークスの穴見さん、スタッフの皆様にはご尽力いただき心から感謝申し上げます。

    アマチュアメンズクラス 1位工藤選手 2位村田選手 3位小島選手

    アマチュアウイメンズクラス 1位窪田選手 2位山辺選手 3位高野選手

    ジュニアメンズクラス 1位金上選手 2位穴見選手 3位中嶋選手

    ジュニアウイメンズクラス 1位佐伯選手

記事を見る 

簡易普通救命講習の実施について

JWAプロ登録選手の皆様へ

 JWAプロツアー安全委員会 穴 見 和 彦

簡易普通救命講習の実施について

 JWAプロ登録選手は、安全にウインドサーフィンが出来る環境を作れるよう
励むとともに、安全啓蒙・啓発活動を行い競技においても事前にAED等の取扱い
含む普通救命講習を修了し救命技能を習得することが義務付けられています。
 昨年より、住吉浜カップの前段に通常の3年間有効の普通救命講習終了証の
期限が切れた選手、昨年の住吉浜カップ時の簡易普通救命講習(1年間有効)の
再更新を必要とする選手は、下記のとおり簡易講習(向こう1年間有効)を実施します。
なお、JWAプロ選手は、普通救命講習終了証が無いとレースには、原則参加できません。

 1、講習日時

   平成29年 3月18日(土) レース終了後16:00頃(約1時間程度)を予定

 2、講習場所

   大分県 住吉浜リゾートパーク BUZZ

 3、講  師

   福岡県 苅田町消防本部 塚崎智晴

 4、そ の 他

   基本的に、3年の普通救命講習終了証が、必要ですので持参すること。


(問い合わせ) 090-3015-1495  穴見 まで

記事を見る 

トヨタジャパンカップ2017大会参加選手専用荷物運搬スケジュール要項になります

料金 関東地区、中部地区、関西地区 / 片道¥15.000 往復¥20.000

   九州地区 / 片道¥8.000 往復¥16.000

       (デジエントリーにて同時にお申し込みお願いします。)

   運搬申し込み締め切り2017年 1月5日まで

   *用具運搬方法は下記の方法以外はありません。

    個人で石垣島〜小浜島の定期船への用具の持ち込みはできません。

    飛行機で個人的に運搬する方は必ず、石垣〜小浜島の運搬は八重山観光フェリーの貨物 

    http://www.yaeyama.co.jp  をご予約ください。

 

運搬内容

1人の選手につき3/6ルールに基づく道具またはそれ以内のものとする。

1人につきセール6枚以内、ボード3枚以内とする。

ブーム、フィン、ジョイントなどをなるべくまとめてバッグなどに梱包する事。

合計1人4個以内の荷物にまとめる。

運搬中に道具が破損しないように、各自はボードケースや梱包材で十分な梱包をしてコンテナに搬入する事。

尚、運搬中の道具の破損に関しては、実行委員会では一切の責任は負いません。

コンテナまたはトラックは九州、博多港までは陸路、博多港から石垣島までは貨物フェリーで運搬。

石垣島から小浜島リゾナーレ小浜島大会会場ビーチ付近までコンテナまたはトラックで運搬します。

 

リゾナーレ小浜到着予定 2017年1月16日(月)

料金は事前にデジエントリーで大会エントリー費と一緒に各地区の料金の支払い手続きをする。デジエントリーの記入項目に受付営業所を必ず明記すること。

事前に申し込み済の選手以外、各営業所で受付はできない。

今回、司企業株式会社様のご好意により、搬入日より前でも荷物の受付ができることになりました。

土曜日の午後と日曜日以外の営業時間内でしたら荷物の受付ができますので、各営業所に必ずご連絡をしてから、搬入するようにしてください。

関東地区

司企業 入間倉庫  担当 川又 「04-2941-6860」 埼玉県入間市小谷田583-1

* 1月6日(金)、7日(土)    8:00より17:00まで受付(年内12/29-30も受付ます。)

 

中部地区 

司企業本社  担当 荒木 「0565-53-6200」 豊田市本町中根98 

* 1月6日(金)、7日(土)    8:00より17:00まで受付

関西地区 

司企業 京都営業所 担当 中村 「075-971-5122」 京都府八幡市上津屋中堤149-150-1

* 1月6日(金)、7日(土)    8:00より17:00まで受付

九州地区 

司企業 宮田営業所 担当 笹島 「0949-32-5001」 福岡県宮若市上有木1180

* 1月10日(火)    8:00より17:00まで受付

各営業所の詳細地図は司企業株式会社HP  http://tsukasa-k-k.co.jp より  

 

 

*   12/31〜1/5までは各営業所は正月休みです。

 

帰りのコンテナスケジュール(予定)

 

1/23                 小浜島発、石垣港へ移動

1/24               石垣港発  

1/27または28     博多港到着予定  

1/30              九州地区10:00〜17:00引き取り可能
1/30,31        関西地区10:00〜17:00引き取り可能   

1/30,31            中部地区11:00〜17:00引き取り可能

1/30,31            関東地区11:00〜17:00引き取り可能

 

                                TOYOTA JAPAN CUP大会事務局

OFFICE ABEAM CO.,LTD

TEL 046-875-9899 FAX 046-877-5441

  E-mail  abeam88@jcom.home.ne.jp

http://toyotajapancup.jp 

記事を見る