News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

JWA JAPAN TOUR 2017-2018 SLALOM FINAL第4戦 SUMIYOSHIHAMA CUPが2018.3/23.24.25の三日間、大分県杵築市住吉浜リーゾートパークにて開催されました。

開会式

開会式の風景

大会実行委員長 穴見和彦様のご挨拶

大会初日

初日はプロクラスのみ大会を予定しておりましたが、プロスラロームクラスの試合ができる風速規定まで風が上がる事はありませんでした。しかし、今大会よりエキシビジョンホイルクラスが設けてあり、国内で2例目のホイルレースが2レース成立しました。

コンディションは風向、南東~東 風速、5~10ノット 参加選手10名

多くの選手が150ℓ~170ℓ台のフォーミュラボードに8~9㎡台のセイルサイズを使用。

10名一斉スタートの上(0)マーク、サイド(1)マークを1周回るコース。……

記事を見る 

TSUKASA JAPAN CUP 大会レポート

JWA JAPAN TOUR 2017-2018 SLALOM第3戦

TSUKASA JAPAN CUPが2018.2/23.24.25の三日間、鹿児島県大島郡龍郷町芦徳地区 倉崎海岸(奄美大島)にて開催されました。

大会初日

朝から素晴らしい風が吹き、レース海面では北風が15ノット前後、膝~モモサイズのうねりあり、男性選手で7㎡台のセイルサイズ、100リッター前後のボードサイズを使用し、試合前の各選手チューニング調整が行われました。

開会式

特別協賛 司企業株式会社 庄司只功代表取締役会長のご挨拶……

記事を見る 

About

<競技について>

モトクロスのイメージで、風上から風下へ設定されるショートコースで行われます。 /競技者は、8~20名のグループに分けられ、トーナメント方式で勝ち上がっていきます。 一般に強風下で行われ荒馬のようなボードをコントロールする能力が問われます。 近年ヨーロッパを中心に再び盛り上がりを見せています。  日本ではゲレンデコンディションが一番あっており、多くの愛好者が存在し、各地で競技会なども 多く行われています。


<競技内容>

ジャイブというコーナーを回る技がとても重要で、接戦でのマーキングバトルはとてもエキサイティングです。 ウインドサーフィン競技のなかでも非常にスピード感にあふれた競技で順位などもわかりやすいです。 スタート地点から見て、並列(フィギュア・エイト)または風下方向(ダウンウィンド・スラローム) に設定されたコースを8の字または風下方向(クローズ・ホールド?クウォーター・リー)にプレーニング 滑走し、水面に設置されたマークをレイルジャイブでの回航を繰り返してゴールまでの先着を競う競技種目。 おおよそ6m/s以上の風速で平水面?ラフな水面を好適とする。


<使用する道具>

使用する道具は「スラロームボード」と呼ばれる最も軽量化が図られた相対スピード重視の直進安定性が 優れたボードに、4.5?11m2のレースセイルまたは「スラロームセイル」とよばれるレースセイルと似た形状で キャンバー・インデュサーの数が比較的に少ないセイルを使う。


<特徴>

この競技の競技者人口は最も多く、また、使用道具の性能が競技結果に大きな影響を与えるため、セイル、 ボードの開発競争も激しく、ウィンドサーフィン用具においての性能向上の牽引役を担っている。


スナップ・ギャラリー