事務局さんの投稿 (43)

 

2018.5.15(火)

最終日は全日程の中で最も暑いスタートとなった。

昼頃からの吹き上がり予報がタイトなスケジュールに間に合うのかそれとも
ギリギリなのかとヤキモキされつつ刻々と時間が流れていった。
そんな中で時間を持て余さないようにという考慮なのだろう。
昨日に続いてファンレースが行なわれた。

チーム日本の連勝だった昨日の再現なるかと期待されたが、今日のレースは
残念ながらヨーロッパチームに持って行かれた。

さて本線は、意外に風の上昇が遅い中でフォイルレースが行なわれるインフォメーションが流された。
フォイルにはやや強めと言えてもスラロームには不足。

そんな風速が上下しながら更にスケジュールは追い込まれていった。
そしてセッティングされたのは「フォイルレース」。

コースレイアウトはリニューアルされ、シンプルなコース設定となっていた。
そして思惑通りに3ヒートある1シリーズが成立。このレースが今大会のファイナルレースとなった。


最終スケジュールとして行なわれた「フェアウェルパーティー」。
関係各位が一堂に集まり、最後のひと時を持って終結を迎えることとなった。

そして来年の開催に向けて全てが動き出す始まりでもあった。
ウインドサーフィンというスポーツを介しての人と人の繋がりが、この大会を作り上げている。
また来年再びこの場所で世界最高峰の闘い「PWA World Cuo Yokosuka」を目の当たりにしたいものだ。

いや、必ずや見られることでしょう。
大いなる期待を持ってこのレポートを終えることにします。 霜山

記事を見る 

2018.5.14(月) DAY-5

日曜夜の大雨と強風は何処へやら。

対岸に見える千葉・房総半島は霞んでいるものの、穏やかな晴天から1日が始まった。

早朝までは強めの南西が残っていたが、スキッパーズミーティングの始まる頃には北東の風になっていた。
気温の上昇が見込まれる天候であったため、昼過ぎ頃からのサーマルを期待するところもあったが、
結果的にはレースを行える風速に至ることはなく、1日のスケジュールを終えることとなった。


ポカポカ陽気の1日ではあったが、ギャラリーを楽しませる仕込みは用意されていた。
つい最近復刻版としてリメイクされた「ウインドサーファー艇」が4セット用意され、
4チームのリレーレースが行われることとなり、日本のチームも結成された。
風はとても弱く、しかも乗り慣れない「ウインドサーファー艇」。
ごく単純なコースを周回してバトンタッチしていくだけなのだが、世界のトップフィールドで
戦う選手が呆気なく転んだり、風を見失って動けなくなっていたりとギャラリーを沸かせる場面が多々あった。
そしてこのファンイベントもなんと賞金レース。
行なわれた2レースともチームジャパンがトップとなり、賞金ゲット!
穏やかなコンディションに見切りをつけて早めにリリースとなったが、明日は最終日。
予報は昼頃からのサーマル的風。

スケジュールがタイトになる中、メンズ、ウイメンズ共に途中まで進行している第2レースの成立を望みたい。


会場を盛り上げてくれている脇元さんと今田さん!

記事を見る 

2018.5.13(日) DAY-4

このワールドカップが始まる前から最も吹き上がるのは日曜日だと、誰もが予想していたことだろう。

その日曜日が始まると、事前予想通りに「朝は」強めの風が津久井浜に吹き込んでいた。
PWA運営スタッフ、選手、ギャラリーの誰もが迫力のあるレース展開を楽しみにしており、
スタート時はまさにその通りの展開だった。

始まりはメンズスラローム第2レース第1ヒート。ここから怒濤の連続ヒートが続いていく筈だった。


しかし、オープニングのヒートからまさかのキャンセル。どうやらレース中に、どこかのポイントで
ミニマムウインドを下回ったようだった。
見た目ではいずれの選手もプレーニングし続けているようだったが、実はコース上では違っていたようだ。

このあたりのタイミングから徐々に風が乱れ始め、風向の変化、風速の変化と運営を
悩ませるコンディションとなっていった。


それでも今日のコンディションは強烈だった。予報通りに吹き抜ける風は25ノット以上となっていて、
ブローホールの10ノットと比較するとあまりにもガスティだった。
レース中にプレーニングしなくなってしまっては勝算はない。
だから必然的にミニマムに合わせた道具をチョイスすることになる。
つまり、マックスのブローが入ればとてつもないオーバーパワーを受け入れないければならなくなる。

しかしながら、そんな状況は長くは続かず、ウェイティングが続けられつつ更に風速は落ちていった。
結果的に、成立したヒートは僅かに7ヒート。


最後は、弱風後に雨となり、1日のスケジュールがキャンセルとなった。


会場に降り続いた雨の中、サポーターズミートに参加してくれた方々が最後の集合。
ビーチクリーンを予定したものの、ゴミ拾いもできないほどの雨に見舞われてしまい断念。
雨が強いために、予定されていた撮影にも集まった人数が少な目。

それでもワールドカップ選手達と一緒に集合写真をパチリ。


ご協力いただきありがとうございました!




 

記事を見る 

2018.5.12(土)

DAY-3 朝から、吹き上がる予兆を感じさせる陽気となった3日目。

想定よりも早めに北から南に振れていった風は徐々に徐々に強さを増し、先ずは
フォイルレースから開始された。

2フリートから12名ずつが勝ち上がった24名がファイナルを走るシステムだが、
昨日とはコースレイアウトが大きく異なった。
風上の第1マーク回航後に3ジャイブマークをクリアしていくコース。
1ラウンド目は1ラップ。ファイナルは2ラップ。3ヒートが進行していく間にかなり風速が上がり、
既にフォイルレースの適性を超えるほどの風速下でのレースとなった。

フォイル第2レースの結果は、ARG-3 ゴンザロ・コスタ・フーベル、FRA-6 ジュリアン・ボンテンプス、
BRA-767 マテウス・アイザックの順でフィニッシュ。

1レース目で2位、2レース目でトップを獲ったゴンザロが暫定1位となっている。
フォイル第2レース終了後、直ちにスラロームのコース設定が始まり、まずは昨日消化できなかったヒート
からスタートとなった。


この時には既に10m/sを越える風速となっていたが、その風速下でトップ選手が使用するセイルサイズは
何と8.0㎡台。決してフラットとは言えない海面であり、トップ選手達でもボードが暴れる状況なのだが、
そのスピードは尋常ではなかった。
しかもそのマーキングは驚くほどアグレッシブで正確。
長年ウインドサーフィンを撮ってきているカメラマンですら「いいものが撮れた!」と興奮気味になる程。

会場からはやや離れたレース海面だが、大型モニターに映し出された映像がその迫力を伝えていた。
特に、ベスト16に進んだ選手達のその恐ろしいほどの技量の高さには誰もが圧倒されていたに違いない。


こうして進んでいったメンズスラロームの第1レースはFRA-192 アントアン・アルボーが制した。
日本人選手の中で最もいい走りをしたのはやはり浅野則夫選手。
ベスト16には入れなかったものの、ベスト32となる3回戦まで駒を進めた。


ウイメンズクラスは、FRA-775 デルフィン・クシン・クィステル、TUR-33 レナ・エアディル、
FRA-118 マリオン・モルテフォンの順。日本人ウイメンズの選手が1人もファイナルに進めなかったのは
残念だが、10位に須永選手、11位に大西選手が入っている。
また、JWA主催となるサブイベントでは「大会を盛り上げる役」となる「サポーターズミート」が開催された。
レースコンディションとはならなかったが、スペシャルサイン会やビーチパーティと大会を盛り上げていた。



明日は更に風が強くなる予報なので、もっともっと迫力のあるスラロームレースが展開されることは必須。

やや雨がちの予報でもあるが、天候不良などどこへやらといった中身の濃いレースがみられるはず。

朝9時にスキッパーズミーティング、早ければ10時にはスタートする予定。

白熱の大会4日目をおおいに楽しみたいものだ。

記事を見る 

2018.5.11(金) DAY-2

大会2日目は晴天。

津久井浜は北東の弱い風から始まった。時間が経つにつれ、気温が上昇するにつれ次第に風向は南に振れていった。
ほぼ南方向に風向きが落ち着いたとこで、「フォイルレーススタート」の可能性が示唆される。


46名という参加選手は2フリートに分かれ、上位12名ずつがファイナルヒートに進む。

レースコースはとてもシンプルなもので、スタートから風上の第1マークに向かい、次にアビーム方向の第2マークへ。
そこから下りのレグとなり、下マーク回航から再び上りに入ってフィニッシュへと向かう。

1回戦のヒートは1ラップ、ファイナルは2ラップ。

運営の思惑よりも少し風邪の上がり方が遅かったのか、フォイルレースのスタートは12:00となったものの、
第1ヒートは風速が足りずにキャンセル。
リスタート後に2ヒートが消化され、ファイナルヒートへと進んだ。


ファイナルヒートのフィニッシュは、F-192のアントアン・アルボー、ARG-3のゴンザロ・コスタ・フーベル、
FRA-6のジュリアン・ボンテンスの順。

そこから更に風速が上がり、スラロームが開始。


ウイメンズから始まり、メンズクラスの2回戦途中迄順調に進行。次第に風が不安定になり始めたのか、
第1マーク回航後のキャンセルヒートやリコール艇の出るヒートが出始めた。

ウイメンズクラスはファイナルヒートまで消化できたがメンズヒートは2回戦の途中で今日のスケジュールが終了となった。



ウイメンズ、メンズ共にコンプリートとはいかなかったものの、大会2日目でこの状態はベストと言えるのではないだろうか。

中途ではあるが、リザルトはPWAのHPを参照していただきたい。

3日目となる明日も、風予報は良好。良いレースが見られるに違いない。


記事を見る 

2018.5.10 (木)

いよいよFly! ANA Windsurfing World Cupが、今日から6日間にわたり横須賀市
津久井浜にて開催される。
男女合わせて88名の参加となる今大会は、PWAの2018シーズン初戦となるスラローム
レースであり、今シーズンの行方を占う意味でとても大切なレースであるため、多くの
選手が緊張と期待の入り混じった表情で準備を進めている。

 


レジストレーションを終え、開会式のタイミングを待つように雨脚が強くなり、
雷も鳴る中での開会宣言となった。

運営サイド、選手共に入念に準備が行われているが、雨上がりの晴れ間に風が弱く、
スキッパーズミーティング後にウェイティングとなった。

午後には気持ちの良い晴天となったが北東からの風はやや東に回ったところでとまり、
風速も上がらず。

天候は完全に回復したものの、遂に風が上がることはなく、初日を終えた。

 


特設ステージでは、選手インタビュー、体操などなどのイベントも行われ会場は
賑わっていた。
また、ウインドサーフィン、SUPの体験会も賑わっていたのだが、
雷鳴が轟いたことにより午後の体験会は中止となった。


明日の予報は昼頃には十分な風速になる可能性がある。本戦のスラロームから始まる
ことを期待したい。

記事を見る 

2018 WINDSURFING WORLD CUP SUPPORTERS MEET

ウインドサーフィンワールドカップ サポーターズミート
 & ウエルカムパーティーのお申込期限を5月10日まで延長しました!!

パーティーは当日参加OKです!!(パーティーのみは5000円です)
レースのみ参加は3000円です(Tシャツがもらえます!)
※日曜日だけの参加も可能です!

〇申込方法
ショップ所属の方:各ショップでエントリー費を添えて、お申込みください。
一般の方:以下の口座にエントリー費を振り込み、こちらの申込書必をダウンロード
してもらい必要事項を記載後、メールにてお申込みください。

締切: 2017年5月10日(月)

振込口座:みずほ銀行 浜松支店 普通1388646 特定非営利活動法人日本ウインドサーフィン協会

申込メールアドレス:wavesync2012@gmail.com
(件名は「WCサポーター申込み」でお願いします)

〇大会連絡先 株式会社EO 国枝まで 046-840-1287

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018 WINDSURFING WORLD CUP SUPPORTERS MEET
ウインドサーフィンワールドカップ 
  サポーターズミート & ウエルカムパーティー

全国のウインドサーファーへ!
昨年24年ぶりのワールドカップ開催!今年で第2回目!!
ウインドサーフィンワールドカップが今後も継続的に開催され、ウインドサーフィンがより盛り
上がるように、自分自身もワールドカップを楽しみながら、サポーターとしても大会に参加しませんか!

■期日:2018年5月12日(土)~13日(日)

■場所:神奈川県 横須賀市津久井浜 

■主催:日本ウインドサーフィン協会(JWA)

■協力:ワールドカップ実行委員会/ワールドカップ横須賀大会応援団

■参加費:7000円 
                 ①ウエルカムパーティーのみ参加 ¥5000
      ②レースのみ参加 ¥3000

■参加資格:主旨に賛同いただけるウィンドサーフィン愛好者なら誰でもOK(小学校高学年以上)

■募集人数:300名  *定員になり次第、締め切りとする

 

★ワールドカップサポーターにお願いしたいこと★

1:スーパーファンレースへの参加

ファンレースを開催し、その圧巻の光景をTV等の各メディアに乗せ、

ジャパニーズウインドサーファーの存在を全国に、そして世界にアピールしたいと考えています。

日本最大のファンレースを目指しましょう!

2:ウインドサーフィンガイド

会場内はウインドサーフィンのことが判らない方がたくさんいらっしゃいます。そんな皆さんにウインドサーフィンの魅力を伝えるご協力をしていただきたいと思います。

 

★ワールドカップサポーターズ特典★

1:ワールドカップサポーターズオリジナルTシャツを進呈します

2:スーパーファンレースの入賞者および飛び賞当選者に豪華賞品を進呈します

3:ワールドカッパーによるセッティング講座等のスペシャルイベントへの参加資格

4:ウエルカムパーティー(外人選手は招待、バスを用意する)

その他、たくさんの特典を検討しています。

 

<<<<<スーパーファンレース>>>>>

5月12日(土)~13日(日)でワールドカップ本戦が開催されないコンディションになった場合に
1レースだけ開催されます。コスプレ、デコレーション等でのパフォーマンス、大歓迎です。

ワールドカッパーも出場予定!

会場&海上を盛り上げましょう!

<スケジュール>

〇5月12日(土)

受付・レジストレーション8:00~

選手ミーティング 9:00~

1stチャレンジタイム 11:00~

2ndチャレンジタイム 14:00~

ウエルカムパーティー 18:00~ 18時スタートで大丈夫??

〇5月13日(日)

受付・レジストレーション8:00~

選手ミーティング 9:00~

3stチャレンジタイム 11:00~

4ndチャレンジタイム 14:00~

4回のチャレンジタイムのいずれかでファンレースのスタートを予定しています。

PWAの競技が開催されないコンディションのみでの開催となります。

よって2日間ともPWA競技が開催された場合はファンレースは行いません。

主旨を理解の上、エントリーをお願いいたします。

 

〇大会方法

まずは参加者全員にスタートラインに行っていただき、写真やドローンでの撮影を行いますので、
撮影の際は思いっきり、ウインドサーフィンのアピールをお願いします。

その後、一斉にスタートします。

上位入賞者を表彰し、飛び賞で記念品を進呈いたします。

〇エキップメント 

・ノンダガ―ボード

・セイルサイズやボードサイズの規定はありません。

・フォイルは禁止とします。

 

〇セイルナンバー

 ・JWA会員は自身のセイルナンバーを使用。非会員はエントリー時にセイルナンバーを申請ください。

バッティングした際はJWA会員は優先となり、番号を修正いただく可能性があります。

セイルナンバーは必ず両面に貼ってください。

 

〇帆走指示書・レースエリア・レースコース 

・当日の公式掲示板に示される。

 

〇その他

・各選手は自己の責任において大会に参加するものとする。主催団体、実行委員会、またはこ

の大会に関わる全ての関係者は、競技者の大会前大会中、大会後の死亡、怪我、病気または、

その他の物質的な損害についての責任を負わない。

・浮力体(PFD)の着用を義務付けます。必ず各自で準備持参し海上では必ず着用のこと。

・途中で風が上がり、大会本戦が行われることになった場合は、その時点でスーパーファンレースは終了となります。

・大会内容の訂正、修正がある場合は参加者にメールにてお知らせ致します。


〇ウエルカムパーティー会場

・津久井浜会場 ステージ脇にパーティーエリアを設置いたします!! 

・開催時間 18:00~(レース状況に合わせて前後いたします)

・住所 神奈川県横須賀市久里浜8丁目17-23

・電話 046-834-3421

 

<<<<<ウインドサーフィンガイド>>>>>

参加賞のTシャツがWORLD CUPサポーターの証し!

これを着たウインドサーファーはウインドサーフィンガイドとして、来場者の方にウインドサーフィンの魅力を伝え

るための協力をお願いしたいと思います。

具体的には会場でウインドサーフィンのことが判らない方からの質問を受けたり、道具に関する説明をしたり、来

場者全員がウインドサーフィンのファンになるようサポーター全員で「おもてなし」ができればと思います。

会場では、このTシャツを着た方に気軽にウインドサーフィンのことを聞いてください、と大々的にインフォしま

す。どうしても対応ができない時は、Tシャツは脱いでおいてくださいね。

記事を見る 

   

 

 

2018年度セールナンバーに関する取扱いの基準を策定いたしました。
下記ご確認ください。
                         

 

JWA預かりセールナンバーの取扱 

1. 1ケタ、2ケタ、ぞろ目の人気セールナンバーの選手が、会員登録を更新しなかった場合は、JWA預かり
  セールナンバーとしてJWA競技委員会で保有する。

 

2. JWA預かりセールナンバーの取得を申請する場合は、更新期間中の決められた日時(3/25)までに過去2年間の
  選手活動実績を提出するものとし、JWA競技委員会で審議ののち、新年度までに結果を返信するものとする。
  この審議の際の判断基準は、「選手活動として国際大会に出場」、「過去2年間に活動実績のあるJWAプロ選手」、
 「JSAF強化選手」のいずれかであることを基本とする。この条件が重複する場合は「大会のグレードや規模等」と
 「その成績」を参考に総合的に判断する。

 

3.  1ケタ、2ケタ、ぞろ目の人気セールナンバーに関しては、国を代表とするナンバーになることも考慮し、一定の
     保有資格を有すると認めるものに優先的にそれらのナンバーを付与できるようにするため、次の措置をとる場合が
 ある。
  『毎年の更新の際に活動実績等を考慮し、競技委員会によるナンバー継続の可否を審議する。
 「選手として活動しなかった場合」、「引退した場合」また、「理由(けがなど)がある場合を除き、JWA主催、
 公認の大会に参加していない場合」等 の場合は、JWAへの返納を求め、前述の手順に基づいて新たな選手に
 付与する。』

 

 セールナンバー変更希望の方へ

 

1  原則として2017-18JWA会員(2017年度会員)登録を済ませた方のみセールナンバー変更希望の受付を致します。

2  現在、空いているセールナンバーへの変更希望は、変更希望申込書をダウンロードして、必要事項を記入の上、
 JWA事務局( wind@jw-a.org)までメールにて返信してください。

 セールナンバー変更希望の受付は2018年3月31日(土)メール到着分までとします。

 それ以降の受付は致しません。

★こちらの2017年度会員登録セールナンバーリストをご確認ください。

 

3 受付終了後、JWA競技委員会での協議、審査になります。

  後日、セールナンバー変更の手続き結果を各自のメールにてご連絡致します。

  変更希望通り、セールナンバー変更された方は4月初旬に開始される、新年度の登録から

  変更したセールナンバーで登録してください。

  ※すでに2018年度の登録をされた方はお手数ですが再度事務局までご連絡ください。

   こちらのほうで変更いたします。

4 変更希望できなかった方は、従来のセールナンバー、または昨年、登録歴のない空いている
  セールナンバーにて登録ください。

 

セールナンバー重複整理基準 

新規登録・更新時に3ケタ以降の空き番号は基本的に申請順に確定するが、万が一同じタイミングの申請で希望の
番号が重複した場合は、以下の基準で優先権を決定いたします。

1.「選手活動として国際大会に出場している」、「過去2年間に活動実績のあるJWAプロ選手である」、「JSAF強化選手
    である」者を優先といたします。

2.  主に国内で活動する選手を優先といたします。

3. 前年まで使用していたセールナンバーを優先といたします。

4. 上記の条件をもとに最終的にJWA競技部会 セールナンバー委員会にて決定いたします。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*セールナンバーについてのお問合せ担当

NPO法人日本ウィンドサーフィン協会(JWA) 

       競技グループ セールナンバー委員会
                  国枝理事 中嶋
      

   〒249-0007 神奈川県逗子市新宿1-2-3-112

             TEL  :046-876-9299
             FAX:046-876-9319
             受付時間(10:00~17:00 土日定休)
             E-MAIL:wind@jw-a.org

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーー 

*会員登録についてのお問合せは担当

       管理グループ  会員登録セクション
                   高橋
〒249-0007 神奈川県逗子市新宿1-2-3-112
            TEL  :046-876-9299
                                   FAX:046-876-9319
                                   受付時間(10:00~17:00 土日定休)
                                   E-MAIL:kaiin@jw-a.org

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事を見る 

2018年度の新規会員登録・更新を3月10日より開始いたします。 

 JWA会員(セールナンバー)更新・新規登録の方へ

 ①3/10(土)から、2017-18JWA会員(2017年度会員)登録を済ませた方のJWA会員更新をスタートいたします。
 (プロ・ランキング・一般・ユースジュニア・学連の会員登録は例年通り2018年6月1日からを予定しております。)

 ②2017年度登録の個人情報(特に住所、電話番号、メアド)の変更がある方は登録時に変更のほうお願いいたします。

 ③4/2(月)からは空いているセールナンバーへの新規登録者の受付も始まりますので、現在のJWA会員の方は、変更
 希望者も含めてすみやかな会員更新をお願い致します。

 尚、このセールナンバー更新はHPに掲載しておりますが、例年通り6/30にて終了になります。

 この期日までに更新登録をされないと、現在登録のセールナンバーは7/1以降失効したことになり、使用できなくなり
 ますので、ご注意ください。
6/30までに登録されなかったナンバーのうち、「2ケタ以下の番号」、
「ぞろ目の番号」はJWA預かりセールナンバーとなります。
 2018年度会員登録はこちら

 

記事を見る 

北朝鮮ミサイルへのスポーツ大会での対応について

日体協から、北朝鮮ミサイルへのスポーツ大会での対応が送られてきたので
下記に添付しますのでダウンロードして、周知お願いいたします。

写スポーツ庁事務連絡北朝鮮による弾道ミサイル発射に係る対応について

事務連絡北朝鮮による弾道ミサイル発射に係る対応について

記事を見る 

現在、蒲郡の海陽ヨットハーバーにおいて
Sailing’s World Cup Series 2018 Round 1 Gamagori
(セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会)
が10月17日より行われております。

大会3日終了し、明日からいよいよメダルレースが開催されます!
コンディションに恵まれず、昨日までに2レースを消化しました。

現在、ウインドサーフィンクラスである、RS:Xクラスでは、日本人が
男女ともに活躍しております!!
なんと女子は、小峰選手が現在1位、3位に大西選手となっております!!

昨日までのRS:X リザルトは下記になります(10位内)。
men  (富澤慎選手 6位 池田健星選手 10位)
women(小嶺恵美選手 1位 大西富士子選手 3位 須長由季選手 9位)

また、JWAでは、セーリングワールドカップを応援するために明日から開催される
CBC秋祭り2017 in 蒲郡~セーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会応援イベント~
において、トーインフリースタイルのデモンストレーションを行います!!(特別協賛:AOKI )
※トーインとはジェットスキーでウインドサーフィンを引っ張り、ビーチの目の前で、技をメイク
 するというものです。

セーリングワールドカップも日本初ですが、このデモンストレーションも日本初の試みで、
吉田 洋海プロ (hiroumi yoshida)と杉匠真プロ(TAKUMA SUGI)の2名が、音楽とともに
シンクロで競演いたします!!

会場は、ワールドカップ会場のすぐお隣のラグーナビーチ(大塚海浜緑地)で、

第1ステージが11:30~12:30の間に15分
第2ステージが14:30~15:30の間に15分

を予定しております。

セーリングワールドカップのメダルレース観戦とともにぜひ、
デモンストレーションイベントのほうもぜひご観覧ください!!



<CBC秋祭り2017 in 蒲郡>
日程  2017年 10月21日(土)・22日(日)
              10:00 ~ 17:00(予定)
主催       CBCテレビ/CBCラジオ
協力       公益財団法人 日本セーリング連盟

<セーリングワールドカップ>
大会スケジュール
  開会式:10月15日 日曜日 17:00〜 ラグーナテンボス ラグナシア内(予定)
  オープニングシリーズ:10月17日(火)〜 21日(土) スタート時刻:11:00
  メダルレース:10月21日(土)〜 22日(日) スタート時刻:11:00
  閉会式:10月22日(日)17:30〜 センタープラザ
会 場  豊田自動織機 海陽ヨットハーバー (〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町 1-7)
内 容  世界ランキングの上位選手が出場権利を持ち、五輪を目指す世界のトップセーラーが集結。
     蒲郡大会は日本で初めて開催されるワールドカップシリーズ。
競技種目   470級男女・レーザー級・レーザーラジアル級・49er級・49erFX級・
                 RS:X級男女・ナクラ17級・Finn級・2.4mR級
主 催     ワールドセーリング(国際セーリング連盟)
             公益財団法人 日本セーリング連盟
共 催    愛知県 愛知県教育委員会    蒲郡市 蒲郡市教育委員会

後 援    一般社団法人 中部経済連合会
特別協力    株式会社 豊田自動織機

記事を見る 

10月21日 津久井浜体験会中止のご連絡

体験会にお申し込み頂いた皆様へ

この度はJWA主催のウィンドサーフィン体験会にお申し込み頂きありがとうございます。

週末(10/21土曜日)に予定されていたJWA主催の体験会
(横須賀・津久井浜/横須賀市・三浦市合同)の件ですが、残念ながら今回は台風の
影響もあり、中止という決定を致しました。
応募総数は95名。多くのご家族にもご応募いただき、子供達の割合は半分以上に
達していました。せっかくウインドサーフィンに興味をもってくださった上での体験会
なので、多少無理してでも決行したい気持ちもありますが、今回は8歳前後のお子さん
も多く、小学生目線を基準に地元のショップさまの意見も伺い、JWAで中止という
判断を致しました。
当日(日曜はさらに厳しい予報)は台風の波がなかったとしても、この時期での冷たい
雨予報、また強風の予報も出ているので初心者には非常に厳しいコンディションが
予想されます。

今回は残念ながら中止になりますが、また来春のワールドカップに向け、ウインド
サーフィンが盛り上がっていくように今回お申し込み頂きました皆様を優先するような
イベントをJWAとして企画していきたいと考えております。

JWA(日本ウインドサーフィン協会)
普及・ウェーブ競技担当理事:福島英彦

記事を見る 

満員御礼! 2017年ワールドカップ開催記念体験会!

皆様、10月21日開催予定の2017年ワールドカップ開催記念体験会ですが
昨日で定員に達しました!!

14日締め切りなので早くお申込み頂いた方含め抽選ということで受付を
させていただきます
ことをご連絡いたします。

ご了承とご理解のほどよろしくお願いいたします。

一時、間違ったご案内をしてしまいましたことをお詫び申し上げます。


JWA事務局

記事を見る 

10月1日~10月4日まで行われました、
第72回愛顔つなぐ えひめ国体 ウインドサーフィン級の
表彰式が本日行われました! 

<リザルト>

■成年男子国体ウインドサーフィン級

第1位 福井県  倉持 大也
第2位 滋賀県  板庇 雄馬
第3位 愛媛県  工藤 輝
第4位 鹿児島県 廣津 秀治
第5位 愛知県  福村 拓也
第6位 和歌山県 尾川 潤
第7位 神奈川  山崎 大輔
第8位 京都府  由里 亮太



■成年女子国体ウインドサーフィン級

第1位 愛媛県  小嶺 恵美
第2位 東京都  須長 由季
第3位 兵庫県  原 百花
第4位 山口県  渡邊 純菜
第5位 京都府  松永 麻佑
第6位 和歌山県 小島 真理子
第7位 神奈川県 堀川 智江
第8位 福岡県  山辺 美希

記事を見る 

現在、富士通×ラピスセミコンダクタ×JWAで行っている、WindsurfingLab プロジェクト
ですが、毎年10月に幕張メッセで開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレク
トロニクスの国際展示会であるCEATEC JAPANというイベントで周知されることになりました!

http://www.ceatec.com/ja/
富士通様がコーナー出展をされ、ウインドサーフィンも展示され、ウインドサップを使って
現在R&D中のセンサーを体感してもらうことになります!(JWAご提供)

ウインドサーファーのビッグデータ活用がこのプロジェクトの肝ですが、先週のRS:X(オリンピック)会場
でも様々な国が興味をもっておりました。

この取り組みは現在普及・広報的なものとして進行しておりますが、ウインドサーフィンを簡単に楽しめる
一助となるよう取り組んでおりますのでぜひご期待ください!!
※主催団体は情報通信ネットワーク産業協会、電子情報技術産業協会、コンピュータソフトウェア協会
 になります。

記事を見る 

2017年ワールドカップ開催記念体験会!(10月21日)

2017年はワールドカップ復活の年となりました。

記念すべき大会を来年に向けてさらに盛り上げるべく、ウインドサーフィンを「体験」する方々を
増やすための体験会を実施いたします。ぜひ家族で津久井浜へお越しください!!
お申込みは下記のとおりお電話かFAXでお申込みください!!!

JWA担当:鈴木文子プロ・福島英彦プロ

記事を見る 

オリンピックに挑む日本人選手一同です!!

本日開会式がありました!!

明日からいよいよレース開始です。



RS:X出場の日本人選手、JSAF会長、JWA会長、コーチ陣一同の集合写真です!

これはかなりの希少価値の高いものです!!

本大会は、RS:X協会・日本セーリング連盟・神奈川県連の皆様と運営
をしております!!

みんな頑張って!!


【 出場者一覧 】

記事を見る 

9月18日(月)からレース開始です!!


2017 RS:X World Windsurfing Championship
2017 Enoshima RS:X U21 Windsurfing Championship

2020年東京オリンピック、セーリング競技での正式種目である
「ウィンドサーフィンRS:X 級」の世界選手権が本日より江の島にて
開催されました!

東京オリンピックと同じ海面で行われる前哨戦として、世界各国から
多くの選手が参加し、高いレベルのレースが繰り広げられます。
日本からも、オリンピックや世界選手権への参加実績のある経験豊富な
選手達と共に、オリンピックを目指して目覚ましい成長と活躍を見せ始め
ている若い次世代の選手達が参戦します。
 一般の方にはなかなか馴染みがなく、観る機会が少ない競技ではありますが、
是非この機会に、江の島という絶好の場所で行われる世界最高峰のレースを観戦、
取材して頂き、オリンピック競技でもあるウィンドサーフィンの魅力を存分に知る
と共に多くの方々にお伝え頂ければと思います。何卒宜しくお願いいたします。

■開催概要
大会名称︓2017 RS:X ウィンドサーフィン世界選手権
開催日 ︓2017 年9月16日 (土)〜23日(土)
共同主催︓RS:X(国際RS:X 協会)/日本セーリング連盟/日本ウインドサーフィン協会

■見どころ!!

今大会は、全てのセーリングクラスの中で初めてオリンピック会場で行われる公式世界大会
であり、各方面よりの注目を集めています。世界中から集まる 参加選手にとっては3年後の
オリンピックを占う重要な大会という位置付けであり、かなりの熱戦が期待されています。
男子は、ロンドンとリオのオリンピックで2つの金メダルを獲得した、オランダの
Dorian Van Rijsselberge。2016年世界選手権優勝者、ポーランドのPiotr Myszka。女子は
リオオリンピック銅メダルストのロシアのStefania Elfutina。2016年世界選手権優勝者、
ポーランドのMalgorzata Bialeckaが参加予定です。

 日本人選手では北京、ロンドン、リオオリンピックと3大会出場の富沢慎(とみざわ まこと)選手。
ロンドンオリンピック出場の須長由季(すなが ゆき)。リオ出場の伊勢田愛(いせだ めぐみ)が参戦。
 若手選手の台頭も著しく7月にイタリアで行われたユースワールド女子3位となった松浦花咲実
(まつうら かざみ)選手、 10位の新嶋利奈(にいじま りな)選手がユース期待の選手として出場。
男子ではユースオリンピック入賞経験を持つ池田健星(いけだ けんせい)がオリンピッククラスの
世界選手権に挑戦します。是非、御注目と共に応援して頂ければと思います。

記事を見る 

皆様

いよいよ来週の2017年9月16日~23日に、2020年東京オリンピック、
セーリング競技での正式種目でもある「ウィンドサーフィンRS:X級」の
世界選手権が江の島にて開催されます!

東京オリンピックと同じ海面で行われるいわば前哨戦。
世界各国から多くの選手が参加し、高いレベルのレースが繰り広げられます。
日本からも、オリンピックや世界選手権への参加実績のある経験豊富な選手達と共に、
オリンピックを目指して目覚ましい成長と活躍を見せ始めている若い次世代の選手達が
参戦します。
一般の方にはなかなか馴染みがなく、観る機会が少ない競技ではありますが、
是非この機会に、江の島という絶好の場所で行われる世界最高峰のレースを観戦して
頂き、オリンピック競技でもあるウィンドサーフィンの魅力を存分に知って頂ければ
と思います。是非とも江の島に足をお運び下さい!!



【ボランティア募集】のご案内

 既に日本セーリング連盟からボランティアの募集をさせて頂いてはおりますが、
レース開催前の9月14日、15日などがまだまだボランティアによるサポートを必要と
している状況です。大会期間中にJWAのボランティアとして参加して頂ける方は、
下記のフォームにてご参加可能な日程をお選びいただき、送信して頂けますと幸いです。
ただし、あくまでもボランティアという形になりますので、下記の注意点をご覧頂き応募ください。

  応募フォームはコチラのURLからか下記のQRコードからお申込みください。

     

 <注意点>
 ◎ボランティアウェア、活動マニュアル、大会パンフレット+活動日の昼食(予定)のみの
  活動となります。
 ◎活動日数にかかわらず、お一人様一式+活動日の昼食となります。
 ◎ボランティア説明会及び大会当日の報酬、交通費は支給いたしません。
 ◎配付物は予告なく変更となる場合があります。
 ◎日当等の報酬はございません。


 

記事を見る 

(写真クリックすると番組HPへ行きます)

ぎりぎりのご案内ですいません!!

富士通株式会社、ラピスセミコンダクタ株式会社、JWAで 進めている、
IoT を活用したウインドサーフィンのセーリングスキル向上に向けた取組が
NHK BS1の番組、「スポーツイノベーション」で取り上げてもらえました!!

ぜひご覧ください!!

番組名 :スポーツイノベーション 
NHK BS1(全国) 7 月16日 日曜 21:00~21:50

詳細は公式HPをご覧ください!  

出演者は、パックンことパトリック・ハーラン・向井一弘アナウンサー

そして、番組内でウインドサーフィンについて、そしてこの技術について話していただくのが
ワールドカップ、オリンピックにも出場されている長田雅子さんです!

協会からのオファーで出演いただきました。ありがとうございます!!

この取組は、数多くのデータを今後集めていくことが必要になります。

後程協会のほうから公募させていただくご案内をさせていだければと思っております!

〇番組概要:

「スポーツ イノベーション」は、スポーツの「勝負のあや」やアスリートの進化を、 最新の
データ技術を駆使して解き明かしていく番組です。毎回 様々な競技の、「ある試合」に注目。
最先端の IT 機器や8K、4Kの高精細 映像から、プレーのさまざまなデータを取得し、
勝利に導く戦術や選手の技術を 分析していきます。

また来たる 2020 年の東京オリンピックを契機に、スポーツと IT 技術の融合が加速 している
“スポーツの最前線”も紹介していきます。日本が誇る最先端テクノロジー の数々が、
アスリートの技術・戦略をどう進化させようとしているのでしょうか。
新しい視点でスポーツの本質に深く迫る新感覚の“スポーツドキュメンタリー”です。


〇コーナー内容
 番組は大きく2つのコーナーから構成されていますが、その内の 1 コーナー、
「スポーツと IT 技術の融合が加速している“スポーツの最前線”」で IoT を活用したウインドサーフィンの
セーリングスキル向上に向けた 実証実験を取り上げていただく予定です。
・5 月から 9 月まで行われる実証実験で、どんなことが行われるのか?
・新開発のセンサーは どんな仕組みでどんなデータを取得しているのか?
・取得したそれぞれのデータを どう利用すればウインドサーフィンの スキル向上に役立てられるのか?
・ウインドサーフィンの選手や指導者たちは どんな期待を寄せているか? などの基本情報を、
 なるべく分かりやすく、詳しく視聴者に紹介していただけるとのことです!!


お問合せ等につきましては、企画広報 加藤 koho@jw-a.org までよろしくお願いいたします!

記事を見る