普及グループさんの投稿 (13)

第12回目を迎えた「2017ジュニアユースウインドサーフィン選手権」が
8月19日(土)〜20日(日)に今年の5月にANAワールドカップが行われた津久井浜で開催された。  


この大会は、小学1年生から高校3年生までを対象とした大会で41名の選手が参加。  
この大会のレース種目はスラローム。  
クラスは1〜2年生クラス、3〜4年生クラス、5〜6年生クラス、中学生クラス、高校生クラス、
ビギナー3〜4年生クラス、ビギナー5〜6年生クラス、ビギナー中学生クラス、ビギナー高校生
クラスと9クラスに分けられて行われている。

今活躍しているユースの選手(コースレース、スラローム、ウエイブ)たちのほとんどはこの大会に
小学生の時から参加している。 

今回は、プレーニングできる風はほんの一瞬で、あとはパンピングレースとなった。  

この大会には風速のミニマムは設定されていないため3〜4m以上あればレースが成立する。

                                                          各クラス4〜6レースを消化し、どのクラスも白熱戦だったが中学生クラスは特にだ!  

金上颯大(鎌倉ジュニア/セブンシーズ/RASH WET SUITS) はいろんなレースでもう一つの
ところで涙を飲んで来たが、やっと中学3年生で、念願の初優勝を手にした。  
小学1〜2年生で初レースのちびっ子選手たちもうまくフィニッシュができなくて涙を流す選手や、
トップフィニッシュでガッツポーズをとる選手、見ていて感動するレースが多かった。   
最終レースはファンレースで行われたワンマークのセミロングレースで、2〜5mぐらいだったが、
全クラスで「一番速い選手は誰だ!」をスローガンに行われた。   
ビーチスタートだったが、 最初は小学1年生から4年生までの選手がスタート。 
30秒後に5〜6年生。その30秒後に中学生高校生がスタートした。

最初に飛び出したのは、小学5年生の石井陽太、そして馬場空羅。 その後中学生、高校生クラスが
スタートしてからは、佐伯紗菜(中学1年)がうまいパンピングでマーク手前でトップに踊り出し、
マークを回航、そして金上颯大(中3)、石井陽太(小5)、曽我海遥(中3)、 馬場空羅(小5)、
そしてその後ろにユースウエイブコンテストヨーロッパ遠征で2大会2位3位とメダルを獲得してきた
杉匠真(中3)が続いた。 パンピングレースで軽くてパンピングがうまい選手が有利となり、最後の
方まで佐伯紗菜(中学1年)がトップを引いたが、最後に金上颯大(中3)の猛ダッシュで、トップを
譲ってしまった。 このレースは6位まで表彰されて、3位曽我海遥(中3)、4位杉匠真(中3)、
石井陽太(小5)、馬場空羅(小5)の入賞となった。    

この他にもこれから活躍が期待される選手がたくさんいた。  
杉匠真の弟、杉僚真。小2とは思えないパンピング! 3〜4年生では齊藤雅流、小山田柊平、高橋早太朗。
そして石井碧志(中2)、石井颯太(小6)の御前崎3兄弟の次男と3男だ。ちなみに長男石井孝良は高校生
にしてプロウエイブライダーだ。   
来年もまたこの大会を目指して、ジュニアユースの選手たちは1年間練習に励むだろう。  
ちなみに1〜2年生クラスやビギナークラスの選手たちはウインド歴10日未満のちびっ子選手もいた。 
この大会で、嬉しい、悔しい、楽しいを知ってウインドサーフィンに励む子供達が育っていく。  
全国各地でウインドサーフィンを楽しんでいる子供達がいたら、是非来年のこの大会に参加させてください。
風まかせの人生を送る子供達を増やしていきましょう!

                                                                                                大会実行委員長  新嶋光晴

記事を見る 

今年は当協会として、多くのウインドサーフィン体験イベントを実施してきました。

遅くなりましたが、下記のリンクに100名超の参加があった、福岡で行われたイベントの写真を掲載しました。

7/15の模様はこちら→ http://img.gg/T1woI9x
7/16の模様はこちら→ http://img.gg/D94NtRE

ブログやFBに個々にあげる場合は画像ダウンロードでお願いします。転載可です。是非、拡散を宜しくお願い致します!

ひとりでも多くの方にマリンスポーツの楽しさを!と同時に自然の大切さと怖さも知ってもらうために。

そして、これからもまだまだ続きます。
8/20 静岡県沼津市・牛臥ビーチ
9/中旬 滋賀県・琵琶湖
10/中旬 神奈川県・三浦海岸周辺

「若い子達に伝え、それを受け継いでいきます!」



記事を見る 

「JWA」日本ウインドサーフィン協会は2017年7月15 日(土)〜16日(日)の2日間、初めての方でも気軽に参加できるウインドサーフィンの無料体験イベントを福岡市西区で開催いたしました。※募集定員120名

当日は絶好のコンディションに恵まれ、100名を超える参加者の方々がウインドサーフィンを体験しました。終わったあとには「楽しかった」「またやりたい」などの嬉しい声が数多く聞かれました。参加者のひとりの方は翌日に福津にあるショップさんにウインドサーフィン3回コースに申し込んでいただくなど、このイベントを通じてウインドサーフィンの魅力が伝わったようです。

小学校1年生~65歳の方まで、参加したみなさんの笑顔が弾け飛んだ2日間でした。

記事を見る 
日本財団さまの補助を受け、JWA(日本ウインドサーフィン協会=JSAF加盟団体)が主催となり、7/15-16に福岡市の愛宕浜で「記憶に新しい」ワールドカップの体験会並みのイベントが盛大に行われます。
詳しくは【JSAF海と日本プロジェクト】公式サイト→ http://jsaf-umipro.com/
 
是非、皆さん御誘いの上、この機会にウインドサーフィンを体験してください。お友達や職場の方にもご紹介ください。シェアも宜しくお願いいたします。各回約2時間で午前と午後に1回ずつ行います。定員は各回/30名です。定員になり次第、締切りますのでなるべくお早めにお申し込みください。
 
申込フォームはこちらです↓
https://jsaf-umipro-form.com/2017/40-01/
 
現在、しっかりとお迎えできるように準備を進めています。「NPO 法人 福岡海浜スポーツ振興協会」「福岡大学ウインドサーフィン部」「九州大学ウインドサーフィン部」の皆さまにも強力なご協力をいただいております。また「福岡市教育委員会さま」にも後援をいただき、福岡市の各学校にもご案内させていただいております。子供たちも多く参加します。ウインドサーフィンのみならず、お友達を作るのにも良い機会かと思います。
 
是非、福岡の都心からも非常に近い、愛宕浜という素晴らしい環境のもとでマリンスポーツ体験をしてみてください。スタッフ一同、心よりお待ちしております!
 
写真提供:Masayuki Nakagawa
 
普及推進 担当:福島英彦
記事を見る 

いよいよ迫ってきました。ウインドサーフィンのワールドカップ日本大会!

http://wwcjapan.com/taiken_gaiyo.php

「1時間から2時間の手軽なプログラムで、お子さまでも参加できます(ただし、未就学児(6歳未満)のお子さまはご参加いただけません)。ウエットスーツやボードなどの道具は全て貸し出ししますので、持ち物は、タオルと水着だけでOK。

初心者の方はもちろんのこと、「昔ウインドをやっていたけれど、長年遠ざかっていたので、久しぶりにやってみたい!」という経験者の方も大歓迎。

ウエットスーツやボードなど、必要な道具もすべてレンタルできるので、手ぶらでOK。

応募は4月15日(土)まで、応募フォームからお申し込みください。みなさまのご参加をお待ちしています。(応募者多数の場合、抽選の上、参加者を決定します)」

ぜひ、「いいね」「シェア」をお願いします。

記事を見る 

JWA (日本ウインドサーフィン協会)主催の学生体験イベントが2016年7月16日に福岡・福間ビーチで行われました。


天気予報は雨でしたが、午後からは快晴中風サイドショアという絶好のコンディションに恵まれ、参加者さんたちはみるみるうちに上達しました。 イントラの福大の学生さんふたりと私自身も多くのコミュニケーションをとり、全力で対応させていただきました。


暑さもあって、みんなクタクタですが、皆さんの嬉しい声を聞き、インストラクションする側としても疲れが吹き飛びます! 「丁寧に教えてもらえてよかった」「後半コツをつかんだ」「またやりたい」「スピードが楽しい」「ムカつくからまたやりたい。笑」などイントラ冥利につきる嬉しいコメントを沢山いただきました。


ご協力いただいた福間ビーチ・クロスオンさまには深く感謝を申し上げます。


まだまだ普及活動続けます。ウインドサーフィンの魅力伝えます。今後とも協会の活動にご協力を宜しくお願い致します!

【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る 

2016/7/31、福岡県福岡市にありますマリナタウン海浜公園(愛宕浜、福岡女子高裏)にて「海っぴビーチマリンスポーツ海と風の学校」が開催されました。


参加者は午前と午後にクラス分けされ、総勢120名。この日はウインドサーフィンやカヌー、SUPの体験教室ということで、初めてチャレンジする親子連れや若者の姿が多く目立ちました。


砂浜でのレッスンと海上での練習でインストラクターに丁寧に教えてもらいながら、気がつけば海の上を自由自在に。これまで見た事のない風景に子ども達も大変感動していました。



イベントを支えるのは学校の先生や病院の先生など社会人ボランティアや大学生のスタッフ、地元の父兄達です。



今回はJWAの普及グループの担当ということで私(福島英彦)もお手伝いをさせていただきました。炎天下の中、スタッフの皆さんも本当にお疲れさまでした。


福岡海浜スポーツ振興協会では、毎週日曜に通年で「海と風の学校」を開催されているそうです。体験教室で物足りなかった方、定員いっぱいで申し込みできなかった方も、まだまだチャンスはありますのでこの夏ぜひチャレンジしてみてください!また、九州にもJWA(日本ウインドサーフィン協会)に加盟してくださっているショップさんが数多くあります。是非チェックしてみてください。


【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る 

今年度もJWAとして新歓イベントを支援いたしました。下記のレポートを関西ボードセイリング学生連盟よりいただきました。


今年も『合同大新歓』やりました!!!
そろそろ新歓活動も大詰めを迎えるなか、今年も合同大新歓を甲子園浜で開催しました!
最初の予定では4/17に開催するはずだったのですがあいにくの予報だったので1週間延期しての開催になってしまいました。
しかし!それでも多くの人たちが集まってくれて今年も大変盛り上がった合同大新歓となりました!


限られた時間の中でしたが、試乗会をして、それぞれの大学の先輩たちが新入生に対しておもしろ、優しく教えてくれていました(´∇`)
そのおかげで新入生にもウインドサーフィンの魅力と楽しさが伝わったのではないかと思います!


試乗会をしてお腹がすいてきたところで、みんなでBBQもしましたー!
みんなでワイワイ盛り上がりながらお肉などモリモリ食べました!
いっぱい用意したけどペロッと完食でしたね。


甲子園浜のショップの方々にも協力してもらいました!本当にありがとうございました!!
これからもウインドサーフィンを知ってもらうため、盛り上げるために頑張っていきます!
これからもよろしくお願いします!!

【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る 

2016年4月24日 合同BBQ@逗子海岸

新入生歓迎バーベキューを逗子海岸・東浜にて行いました。参加者は上級生と新入生を合わせて250人程度でした。参加大学は青山学院大学、神奈川大学、関東学院大学、慶応義塾大学、上智大学、東京海洋大学、法政大学、日本大学、武蔵大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、早稲田大学、東京理科大学、千葉工業大学でした。



新入生にとっては初めて他のチームの子達と交流する場で、新しい友達を作るとても良い機会だったのではないかと思います。今回実際にウインドサーフィンをする時間はありませんでしたが、他チームと交流することによって、少しでもウインドサーフィン、学連に興味を持ってくれる人が増えたなら我々としては本望です。


今年度のバーベキューは、昨年度と同様に音響器具をレンタルし、選抜した学連登録選手のMCや、出し物などを行い、終始楽しい雰囲気の中、大学の垣根を超え新入生同士、また、新入生と上級生の交流を深めることができました。積極的に前に出て出し物をする新入生の姿も見られ、数々の学連に対する好印象な感想も頂きました。新入生のコメントは最後に紹介させていただきます。


このイベントの開催にあたり多大なご支援を提供して頂きました日本ウインドサーフィン協会関係者様に、我々全日本学生ボードセーリング連盟員一同、厚く御礼申し上げます。

最後に新入生から頂いたバーベキューの感想を紹介させていただきます。

・「普段は交流の機会がない、いろんな大学の人と仲良くなれて楽しかったです。また先輩方も気軽に話してくださり、ウィンドサーフィンへの興味がさらに増しました。BBQもワイルドな感じで美味しかったです。ありがとうございました!」 法政大学 1年
・「自分の大学の先輩は男の先輩しかいないから、こんなに女の子もいるんだと驚いた!」 千葉工業大学 1年
・「先輩たちと楽しくお話できたり、他大の友達もたくさんでき、LINEも交換できたりして楽しかった!」 日本大学 1年 
・「時間がもう少し長くてもよかったと思えるほど楽しかったです!」 横浜国立大学 1年
・「めっちゃ楽しかったです。もっと時間が長くてもいいかな?って思いました。あと飯の種類がもう少し豊富なら飽きずに食べれるかもです。」 海洋大 1年

JUBF関東支部長 原勇貴

【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る 

JWAマリンスポーツ体験イベント in 福岡!


5月21日福岡県長垂ビーチ(協力、カオイサーフさん)において、JWA主催 「マリンスポーツ体験イベント in 福岡」が開催されました。 直前でキャンセルの形が多く出たものの、トータル7名の方に参加していただきました。当日は残念ながら初心者には厳しいやや強風が吹き、うねりも少しあっ たため、最初のうちは少し手こずっていた参加者さん達も徐々にウィンドサーフィンの感覚をつかみ、最後の方は自由に行って帰ってこれるようになりました。今回の参加者さんたちのレベルも非常に高く驚いています。



実際に体験して「意外と簡単だった」「もっとできるかと思った」などの意見もいただきました。 自然相手のスポーツなのでなかなか思うようにはいかないところもウィンドサーフィンの魅力のひとつです。ウインドサーフィンは自然と調和し、ボー ドやセイルを自由に操ることで、自分の思ったような航海が可能なスポーツです。ウインドサーフィンの楽しさはなんといっても動力を使わずに風の力で凄いスピードで走れることです。世界記録は100キロほど。一度このウインドサーフィ ンの魅力を知った人は長きにわたり継続してる方が多いスポーツです。是非、生涯スポーツとしてウインドサーフィンをあなたも始めてみてはいかがですか!?



イベントの最後にはウインドサーフィンだけでなく、今流行している、スタンドアップパドルサーフィン(通称:SUP)にも参加者の方達に体験していただき ました。このイベントの最大の目的はマリンスポーツを純粋に楽しんでいただくこと!これに尽きます。今回の参加者の方達が少しでも満足して帰っていただけたのであれば主催者としてそれほど嬉しいことはありません。



◆このイベントはマリンスポーツの楽しさを知ってもらうためにJWA(日本ウインドサーフィン協会)が昨年からスタートした初心者企画です。昨年の福岡開催だけでも40名を超える参加者があり、ご好評をいただいたことから、今年度も開催することとなりました。是非一人でも多くの方にマリンスポーツの楽しさを知っていただくよう、お友達やご家族をお誘い合わせのうえ、ご参加していただくようお願い申し上げます。

【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る 

広島県セイリング連盟に所属する小中高生のヨット選手逹にウインドサーフィンを体験していただきました。


この企画は専門の種目だけでなく、異なる分野を体験することによって子供逹の成長をお手伝いしたい!ということから企画されました。

幸いにも午後からは晴天に恵まれ、絶好の微中風コンディションの中、子供逹はみるみるうちに成長。

特に先日ポルトガルで行われたOP種目での日本代表であるカイヨウくんは流石の走りをみせてくれ、ほぼ初めてのウインドサーフィン体験でタックやジャイブはもちろんのこと、マークを打ってのコースレースの練習もできました。


今後こういった試みが全国に拡がり、少しでもウインドサーフィンの協会としてお手伝いできる機会が増えることを願っています。

今回の企画にご尽力いただいた広島県連の松尾さま、オリンピック日本代表のコーチである宮野理事を始めとする関係者の皆さまに感謝致します。

協会として、全国の県連の方々と協力し、こういったイベントを増やしていきたいと考えています。詳細はお気軽にお問い合わせください。普及グループ 担当理事 福島英彦

【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る 

JWA西湖スクール 2016/7/2-3

「とにかく女性の多いイベントです!」

そして昼間は真剣にウインドをして、夜はとことん飲んで笑って寝る。みたいな合宿形式のイベントです。

今年も7月の第1週末に毎年恒例の山梨県・西湖にて「JWA 西湖スクール」が行われました。JWA主催としては2回目ですが、前身を含めると20年間続いている歴史あるイベントです。このイベントの魅力は熟練スタッフによる講習の充実はもちろんのこと、温泉や食事、さらにはさまざまな楽しい催しが沢山あること。参加した皆さんが2日間ずっと充実しっぱなしのイベントなんです。なかなか言葉では伝えにくいのですが、できるだけお伝えしたいと思います。


講習は体験、初級、中級の3つにクラス分けされました。さらにインストラクターごとに分かれて、細かい講習を行っていきます。


午前と午後の2部制で講習をやり、夕方からはバスに乗り近くの温泉へ。疲れた身体を癒したあとには温泉施設にある宴会場で皆さん揃ってのワイワイな食事。ビールの美味しかったこと。。。食事後はまたバスに乗って宿に戻り、宿泊施設にある体育館で宴へと続きます。豪華な商品争奪のゲームあり、各々の熱い熱いトークありで部屋に戻る頃には日が変わっていました。


2日目のスタートは参加希望の方のみの朝ヨガから。そのあと、温かいお味噌汁付きの朝食をいただき、この日も体操をやり実技が始まります。なんと2日間ともにプレーニングコンディションに恵まれました。梅雨の中でのこのコンディションは本当にラッキーだったと思います。コンディションに恵まれ、参加された方たちからは「今まで出来なかったけど初めてできたー!」「コツを掴んだー。」「またウインドが楽しくなった。」などとという声があちこちから聞こえてきました。主催する側として、こんなに嬉しいことはありません。



午後はチームレースをやりました。なんでチームレースとなると皆さん熱くなるんでしょうね。体験クラスの方は各インストラクターの方とタンデムでのリレー。初級・中級に方はガチレースで火花を散らしました。笑って笑ってお腹が痛くなるほどの争いでした。


取りしきっていただいた小林夫妻のお陰で事故もなくスムーズなイベント運営ができました。数えきれない多くの準備から当日の運営、片付けまで、本当にありがとうございました。


また、怪我をしているなか参加し、レクチャーはもちろんのこと道具なども提供してくださったスターボードジャパンの小林悠馬プロ、忙しい中、インストラクターをしてくれた吉田洋海プロ、長きにわたり、コーチングしていただいてる冨田プロ、インストラクションに関しての情報提供や道具の提供などこちらも長きに渡り、ご尽力してくださっているシュリロトレーディングの脇元プロをはじめとする協賛各メーカーさん。そして、なによりも参加してくださった全て皆さんに深く御礼を申し上げます。


今年参加できなかった方も是非来年は!今から7月の第1週は必ず空けておいてください。そして、今年参加された方たちにもまたお会いできることを、そして新しいお仲間が増え、ウインドサーフィンの友達の輪が少しずつ大きくなってくれることを心から願っています。

※7/13(水曜)には東京でさらに親睦を深めるための打ち上げパーティも行われました。

【載せきれなかった写真はこちらに掲載してあります】

記事を見る