安全委員会さんの投稿 (15)

ウインドサーファーの水難死亡事故が発生しました。

日時 10月28日(日)16時頃 

発生場所
静岡県掛川市弁財天川河口西側ポイント

 



当日の状況
台風26号の影響で静岡県一体の沿岸部は波高が非常に高い状況が続いており、事故当日の日曜日も西風が
強く吹く予報でしたので波と風を求めたWAVEライダーたちが全国各地より遠州灘に集結していました。
多くのビーチがクローズとなる中、弁財天ポイントには20名程の方がセーリングしていたとのことです。
夕方近くには少し波が落ち着いたと聞きしましたが、それでも非常に激しいコンディションだったであろうと思われます。

事故発生当時の状況
事故の直接的な原因は不明ですが、ジョイントラバーとジョイントベースが破損してボードのみが砂浜に
打ちあがったてきたために海上を確認してみると、発見者の前方20〜30mの所に要救助者がうつ伏せに浮いていた。
2名の方で海に入り要救助者を確保して砂浜に上げ、心肺蘇生を開始。回りの多くの仲間が駆け付け救助に
励んだと報告を受けています。
その日は風も弱めで4.7-5.3㎡を使いう風域で南からのスウェルで海流がいつもと違った事で、
無事に浜に流れ着いた事が不幸中の幸いでした。正直普段の風波コンディションだったら陸・海・空を
総動員で数日間の大捜索となっていたと想定される。普段の4.0㎡を使い風波コンディションだったらと
思うと正直ぞっとします。
消防隊を要請したものの詳細な場所が伝わらず、到着も少し遅れたようです。海のコンディションが
危険な状況にあるために海辺の見回りをしていたシーバード掛川隊員である私が現場に合流し、
消防隊に連絡、搬送を手伝い、救急隊と救急車に要救助者を引き渡しました。
要救助者は救急車で病院に搬送されましたが、残念ながらその晩に亡くなられたと、翌日報告を受けました。
亡くなられた方は、まだまだ体力のある40代前半男性で、ウインド歴も長くWAVEの技術も相当高い上級者の方でした。

WAVEというスポーツ
波のパワーや降りかかる水圧は計り知れず、道具の破損も少なくないのがWAVEというカテゴリーです。
プロ競技はエクストリームスポーツと位置付けされるだけあって確実に危険も伴います。海の様子を見て
出艇するか否かは自己判断であり、自分の身は自分自身で守るのが当たり前とされますし、一定レベル以上の
技術を必ず必要とする最高峰のマリンスポーツと言えるでしょう。トッププレイヤーであればあるほど大きな
リスクを伴うこととなり、誰もが様々なリスクを持ってこのスポーツに向き合っています。



JWA安全委員会よりもう一度確認してみて下さい!!


1 ウォーターリスクマネージメントという言葉を聞いたことがありますか?リスクマネジメントは
様々な状況判断を必要とされます。

2 海に行く前に当日の気象状況を気にしていますか? 天気図見れますか?コンピューターでは
予測できない雲の動きを空を見て判断する事も必要!!

3 海のことを知っておく
 自分の出艇するゲレンデの正確な位置と名称を把握しましょう。緊急通報時に正確に伝えられるか
 どうかによって生存率が大きく変わります。
 波の形とカレントの向き、リップカレントと沖出しカレントと渦巻き、水量の多い河口などでの流れは
 非常に複雑な事を理解しておきましょう。

4 状況の判断
あなたは出艇を見直す事はできますか?冷静な判断の元にウインドをされていますか?コンディションと自分の技量を見つめ返してください。
助け合える仲間はいますか? 自分を探してくれる存在はありますか? 緊急対応時のゲレンデの要救助者搬出方法を知っていますか?
一番近いAEDの所在地や津波の場合はどこに逃げるのかをご存じですか。例)掛川市のAED所在地→https://batchgeo.com/map/dad02f9acaaf22f4eec7a1e988d2295a

5 海の状況
出艇を決めたら、 風の強さ、波の大きさ、ビーチは砂か否か、岩場はあるか、海底の深さ、現在のカレントの強さ、テトラや堤防等の危険箇所の把握。
 道具の確認
全ての道具にクラックは入っていないか、ネジ等の破損はないか、ジョイントベースのウレタンラバーは大丈夫か? 何度も確認して下さい。
 体調管理
 睡眠時間、水分及び栄養補給、持病、怪我等をもう一度確認 

6 自分との相談
泳力と自助力(サバイブ能力)自分の限界で対応できるか?
基本的に海上でのレスキューは居ない、来ない、間に合わないを前提に行動。自分の身は自分で守る。
 自分に必要な身を守る備品の確認
 低体温症から身を守ってくれる可能性があるウェットスーツ。レスキューシート、ホイッスル、携帯電話、
 ライフジャケット、ヘルメット等。 

 どの様なスペシャリストでも準備してます!かつて帝王ロビーナッシュはJAWSにトライする際、
 ウェットスーツの中に足ひれを持って出て行ったといいます。プロや大波乗りの人達は水中で長く息を止める
 訓練を少なからず行うなどしており、決して準備は怠らないものです。最も気にしてほしいのは、
 水に入るんだという事。我々はエラ呼吸できないので、水の中では息が吸えない、酸素補給ができないという
 当たり前の事です。水や自然の力に反発する事がどれだけ無謀であるか理解しておきましょう。自然の力を
 逆らわずにうく使うことで共存できます。無駄に泳ぐのではなく流れを使うなども知っておくべきことです。
 既に起きてしまった事故は取り戻せませんが、今後事故を起こさないようにするためには、我々が事故から学び、
 事故を減らす行動を取ることだと思います。

 今回の事故の経験を今後のウインドサーファーの安全に少しでも役立てたいと思います。

 この度亡くなられた故人様には、心よりご冥福をお祈りいたします。

 JWA安全委員会 野口貴史

記事を見る 

サーファー安全祈願祭2018

3月10日 ウインドサーフィンの聖地 遠州灘を眺められる御前崎市の高台にある高松神社にてサーファー安全祈願祭が行われた。 

協会関係者や御前崎ウインドサーフィンクラブ所属のJWA会員も多く出席し安全を祈った。

このイベントは毎年開催される多くのWAVERにもこの機会に安全を祈願して頂きたい。

記事を見る 

一声かける声掛け運動

一声かける声掛け運動 展開及び推進したいと思います。

年末年始は、御前崎WAVEシーズン全開です、また大型連休という事もあり、全国各地より仲間で単独でと、多くの方が訪れます。駐車場も満車となり、他県ナンバーで埋め尽くされます。隣の車も誰だかわからない状況となります。一人で来ている方の存在は気づかれないのが現状です。特に単独で来る方は、自分が来ていることを伝えてください、もしもの時の為に、自ら身の安全を守る為に、近隣の車に声をかけましょう!皆ウインドサーファーで仲間であります、それだけでなく、帰着申告を受け付けてくれるお店もあります。自分の来ていることを伝えてください。

11月3日、御前崎ロングビーチに単独でWaveを楽しみに来た他県の方が、現在行方不明中です。サーフポイントでもある御前崎の駐車場は風が吹かなくてもサーファーも駐車場に車を止めます。置き去りにされた車を気付くまでに3日ほどかかりました。誰もその日に他県の方が帰ってこなかったことに気づかなかったのです。

二日後の日没後、不審に思った渚の交番パトロール隊員により通報があり発覚、その後の翌日以降の捜索となりました。すでに時間が経っており潮流、風によるうねりの向きは複雑な為、漂流場所の特定は困難を極めます。悲しい事に現在も手掛かりは全くありません、もしも、その日に遭難がわかっていればと、、、、

自分の身を守る為に、もしあなたが、単独でゲレンデにやってきたら、気持ちよく声掛け願います。

「こんにちは、今日のコンディションはどうですか、私は○○から来た○○ですビジターで、一人で来ました、宜しく」といった一声を掛ける、又は隣の方に「どこから来たのですか?一人ですか?」位の声かけをしてお互いに車の持ち主の存在を把握することが悲しい事故を減らす事につながると思います。

これは決して御前崎エリアに限る事ではありません、全国各地で行ってほしいと思います。

恥ずかしがらずに、自分の身を守る一つの手段です、一声掛けよう!! 宜しくお願い致します。

大晦日となりました、2016年、ウインドサーフィンを楽しめたでしょうか?

2017年は、より安全に、もっともっとウインドサーフィンを楽しんで頂けたらと思います。

くれぐれも新年初セーリングを行う際は準備運動、年末年始のお付き合いで、体の内側からも疲れがたまっているはずです、体調管理を怠らずにお願い致します。

多くの皆様に本年中は、大変お世話になりました。2017年の来年は日本でWorld Cupも開催されます。

ウインドサーフィン界に良い風が流れより安全にウインドサーフィンを楽しめるように、宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください。  Happy Sailing♪(*^o^)/ 

JWA安全委員会 野口貴史

記事を見る 

緊急告知 伊豆白浜サーフィン大会協力のお願い

Waveライダーの皆様にお知らせいたします!!

10月22-23日の先週末は伊豆白浜でNSSA(学生サーフィン連盟)の大会が行われました。北東の風も吹きインサイドが弱めだったせいもあり、風上に上がりきれずに、残念ながら、競技エリアに流されヒート中の選手にご迷惑をかけたウインドサーファーの方がいたとの報告を受けております。

幸いな事に接触等の事故は無かったとの事。一安心させて頂いております。

 

また今週末の10月29-30にはNSA(日本サーフィン連盟)主催の規模の大きな大会である

10th ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2016が行われます。

同じく29-30日には白浜神社にて祭典も行われるので、駐車スペースも無くなり、そしてビーチも使えないのでウインドサーファーは風上エリアからもエントリーが厳しいそうです!!

Waveライダーの喜ぶ、北東白浜シーズン真最中ですが、ポイント共有、及びトラブル回避のマネージメントとして、ウインドトリップ自粛して頂きたいです!!ご協力よろしくお願い致します。    

 

エリア規制等に関して

Waveライダーなら解ると信じますが、サーフィン大会においてはポイントの中の波のワンピークを重要視します、大会主催者側は競技者に平等で波の一番良い場所で演技を行っていただきたいと第一に考え競技エリアを設けます。適当にエリアを決定しておりません。浜のどこでもよいという事では無い事をご理解頂きたいです。

安全面の観点からもサーファーのいる中にウインドサーフィンが突っ込むという事はルール&マナー違反です。ウインドサーフィンボードの接触・マストパンチ・ブームパンチは致命傷になりかねない殺人行為。またサーフポイントでもあり、ウインドも行う御前崎や白浜、千葉、茨城等のウェイブライダーも集まるポイントではウインドサーフィン禁止や排他的処置が行われない為にも皆で協力しポイントを大事にしましょう。 

会員のみならずWaveライダーの皆様ご協力の程、宜しくお願い致します。  

JWA安全委員長 野口貴史(j39)

記事を見る