News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

こんにちは!

 

JWA フリースタイル委員会です!

 

 

 

PWA の 2018 年シーズン最終戦となる「Mercedes-Benz World Cup Sylt」

 

J-100 小林悠馬プロ、J-7 杉匠真プロ が挑みます!!

 

Mercedes-Benz World Cup Sylt の詳細はこちらの PWA 公式サイト よりご覧ください。

 

同大会は、9 月 28 日 金曜日から 10 月 7 日…

記事を見る 

こんにちは!

 

JWA フリースタイル委員会です!

 

2018-2019年度の JWA フリースタイル暫定ランキング(中間結果)を掲載いたします! 

 

 

TRICK'N TRY MOTOSUKO 2018 終了時点までのプロおよびアマクラスのランキングです。

 

今回はさらにノンプレーニングクラスも掲載しております。

ランキングを掲載した PDF ファイルをこちらよりダウンロードできます。

 

「2018-2019 JWA フリースタイル暫定ランキング(中間結果)」

 …

記事を見る 

鎌倉マリンスポーツ連盟/チャレンジ the バルカン実行委員会様によります、

 

チャレンジ・the・バルカン In KAMAKURA 2018

 

が、今年も10月13日土曜日に開催されます。

 

「フリースタイルバルカントライクラス」「フリースタイルオープンクラス」「フリースタイルくるくるクラス」というクラスにて

 

参加者を募集されております。

 

フリースタイル愛好家のみなさま、参加されてみてはいかがでしょうか?

 

詳細につきましては、本記事に添付した画像にありますとおり、

 

セブンシーズ様の湘南スラローム実行委員様にお問い合わせくださいますよう、よろしくお願いします。

 

 …

記事を見る 

こんにちは!

 

フリースタイル委員です!

 

9月8日土曜日に開催されました「フリスタキャンプ 2018 1st」には多くの方にお集まりいただきまして、

 

まことにありがとうございました!!

 

多くのプロ選手、そして各地のフリースタイル愛好家が集い、たいへん盛り上がりました。

 

本委員会の吉田プロにレポート、浮田委員に写真を撮影いただき、すばらしいレポートをまとめていただきました。

 

ぜひお読みください!! レポートのPDFファイルはこちらよりダウンロードできます。

 

2018 フリスタキャンプ 1st レポート

 

 

 ……

記事を見る 

About

<競技について>

・競技方法はウエイブ競技と同じですが、波がなくても開催できます。 ・トリックを中心に競うのがフリースタイル競技です。 ・ヨーロッパや中米カリブ海非常に盛んな競技です。 ・波が小さい場合などにも開催でき、より過激な技の応酬となるフリースタイル競技は現在とても注目されております。 ・JWAでも数年前から大会を開催し日本でも徐々に増えつつあります。 ・現在はフリースタイル競技とウエイブ競技が世界的なトレンドとなっており、特にフリースタイルは世界的に若手登竜門となっていて近年この競技からスーパールーキーが出現し、世界チャンピオンまでなることが多いです。 ・この競技は「平水面のウェイブ」とも呼称され、水平方向の回転技が次々と生み出されています。


<競技内容>

・平水面において競技者が決められた一定時間内でプレーニング滑走から多種の技を繰り出し、技の華麗さ・多様性・技術の高さを競い合い、ジャッジでの勝ち上がり形式により順位を競う競技種目になります。 ・おおよそ6m/s以上の風速で平水面・チョッピーな水面がコンディションとしてはいいです。 ・二人の競技者がビーチからスタートする形でトーナメント方式により競技が行われます。


<使用する道具>

・使用する道具はスラロームとウェイブの中間的な要素のものとなり、「フリースタイルボード」と呼ばれる最も回転性が優れた「フリースタイルボード」と3.5〜7.5m2の「フリースタイルセイル」と呼ばれる軽くてしなやかなセイルを使用する。


<特徴>

・特徴としては、繰り出す技の多彩さが重要となることから、短時間により多くの技を行えるよう他の競技道具と比較して、走り出しから最短時間でプレーニングできるよう瞬発力の高く初速が得やすいものとなっています。競技歴史は古いが、2000年頃から専用道具の開発が始まったことでプレーニングからの回転技中心の競技スタイルとなり 一般人気も高いものとなってきております。


スナップ・ギャラリー