News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

JWAフリースタイル競技は、今シーズン(2016-2017)第4戦目を予定しています!

格好良い大会ポスターが出来上がってきました!!^^

浜名湖フリースタイル選手権2017 (JWA JAPAN TOUR 2016-2017 FREESTYLE 第4戦)

日程は 3月18日(土)、19日(日)です!!     徐々に日程が迫って参りました!!

見応えの有る、ウインドサーフィン!フリースタイル競技!!国内トップPRO、アマが集うJWA公式競技 です!

暖かい格好で、観戦応援も是非!お待ちしております! 

ウインド、フリスタ大好きになっちゃいましょうー!!

3月18日(土)、19日(日)は浜名湖/村櫛海岸へ!!

ぜひご予定ください!!

どうぞよろしくお願い致します。

すでに選手エントリーも開始していますよ!

プロ、スペシャル、オープンA、オープンB、ウイメンズ

ノンプレーニングクラスは、スペシャル、オープン、ビギナー、U18ビギナー

と行います! 選手エントリーはこちらから

デジエントリー…

記事を見る 

あけましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

JWAフリースタイル競技は、今シーズン(2016-2017)第4戦目を予定しています。

昨年度はFS普及イベントとして浜名湖村櫛海岸で行いましたが、
今シーズンは、浜名湖フリースタイル選手権2017 (JWA JAPAN TOUR 2016-2017 FREESTYLE 第4戦)

として行うことになりました!!

日程は 3月18日(土)、19日(日)です!!

すでに選手エントリーも開始しています。
プロ、スペシャル、オープンA、オープンB、ウイメンズ
ノンプレーニングクラスは、スペシャル、オープン、ビギナー、U18ビギナー
と行います!


ぜひご予定ください。
どうぞよろしくお願い致します。

選手エントリーはこちらから

デジエントリー
http://dgent.jp/e.asp?no=1600887…

記事を見る 

12月17(土)~18日(日)の日程でコールドブリーズ2016が開催されました。

フリースタイル競技は今シーズンプロツアー第1戦 逗子海岸、第2戦本栖湖に続き公式戦3戦目です。

大会1日目はウェーブ競技終了後に開始。シングルイリミネーションの1回戦を消化したところで日没翌日に持ち越しになりました。
大会2日目は風の吹き始めを待って昼過ぎから開始。ダブルイリミネーションを成立する事が出来ました!
御前崎らしいすばらしいコンディション。強風の2日間でした!

フリースタイル競技の大会結果速報は以下です。

優勝  J-100 小林 悠馬 /
STARBOARD,SEVERNE,ON'S,ZEN,江戸一,LUCKY ISLAND,adidas eyewear,GoPro,OXBOW,グローバルアイ

準優勝 J-117 吉田 洋海 / JP NEILPRYDE NPSURF STUSSY MO'DESIGN

3位  J-723 杉 匠真 / GAASTRA TABOU AERON ON's MARINEBLUE

今大会のフリースタイル競技の詳しいレポートは後日発表致します。次戦は206-2017JWAツアー4戦目として3月18日(土)〜19日(日)の日程で 静岡県…

記事を見る 

About

<競技について>

・競技方法はウエイブ競技と同じですが、波がなくても開催できます。 ・トリックを中心に競うのがフリースタイル競技です。 ・ヨーロッパや中米カリブ海非常に盛んな競技です。 ・波が小さい場合などにも開催でき、より過激な技の応酬となるフリースタイル競技は現在とても注目されております。 ・JWAでも数年前から大会を開催し日本でも徐々に増えつつあります。 ・現在はフリースタイル競技とウエイブ競技が世界的なトレンドとなっており、特にフリースタイルは世界的に若手登竜門となっていて近年この競技からスーパールーキーが出現し、世界チャンピオンまでなることが多いです。 ・この競技は「平水面のウェイブ」とも呼称され、水平方向の回転技が次々と生み出されています。


<競技内容>

・平水面において競技者が決められた一定時間内でプレーニング滑走から多種の技を繰り出し、技の華麗さ・多様性・技術の高さを競い合い、ジャッジでの勝ち上がり形式により順位を競う競技種目になります。 ・おおよそ6m/s以上の風速で平水面・チョッピーな水面がコンディションとしてはいいです。 ・二人の競技者がビーチからスタートする形でトーナメント方式により競技が行われます。


<使用する道具>

・使用する道具はスラロームとウェイブの中間的な要素のものとなり、「フリースタイルボード」と呼ばれる最も回転性が優れた「フリースタイルボード」と3.5〜7.5m2の「フリースタイルセイル」と呼ばれる軽くてしなやかなセイルを使用する。


<特徴>

・特徴としては、繰り出す技の多彩さが重要となることから、短時間により多くの技を行えるよう他の競技道具と比較して、走り出しから最短時間でプレーニングできるよう瞬発力の高く初速が得やすいものとなっています。競技歴史は古いが、2000年頃から専用道具の開発が始まったことでプレーニングからの回転技中心の競技スタイルとなり 一般人気も高いものとなってきております。


スナップ・ギャラリー