News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

穴見プロに続き、素晴らしいニュースが届きました。

先日行われたALOHA CLASSIC 2018 U-17で優勝した杉匠真プロ(J−7)が、2018年ユース PWA WAVE WORLD CHAMPIONを獲得しました。

今年のユースクラスはAlmerimar/Pozo/Tenerife/Mauiと4カ国で開催され、杉プロは初戦を除くPozo(3位)/Tenerife(1位)/Maui(1位)、2位でスペインのGil Marino(E-959)の選手はAlmerimar(2位)/Pozo(1位)/Tenerife(2位)と大接戦を繰り広げ、お互いに最後まで素晴らしい戦いでした。

結果はお互いに総合同ポイントでしたが、1位を多く獲得した杉選手がユース世界チャンピオンとなりました。

 

杉プロの目標はプロクラスでの世界1!!すでにもう次のステージへ向かっているようです。

引き続き応援宜しくお願いします。

 

杉プロおめでとうございます。

 

記事を見る 

素晴らしいニュースが入ってきました。

先日行われたPWA World Cup2018最終戦がシルトで行われ、各種目の年間世界チャンピオン決定しました。

今年から正式種目となったフォイルクラスの表彰で、ユースクラスの初代世界チャンピオンに穴見知典(JPNー60)が決定しました。

今季全戦参戦し、フォイルの新しい世界を自分の手で切り開いて来た穴見プロ。おめでとうございます。

各クラスのユースチャンピオン達と。(右から2番目が穴見プロ)

 

穴見プロより喜びのコメントが届いております。

「今回フォイルユース年間チャンピオンになれて、本当に嬉しいです。また驚きました。

正直狙ってた訳ではなく、PWA全てのフォイルレースに挑戦し、自分を鍛えることが目標でした。また、結果の良いレースも悪いレースもありました。それでも世界に挑み続けたことが今回の結果に繋がったのだと思います。

応援してくださったスポンサー、皆様ありがとうございます。

最高の報告ができて自身がつきました。来年もさらに上へ挑戦します。

引き続き応援宜しくお願いします。 JPN-60 穴見知典」

 ……

記事を見る 

RS:Xヨーロッパ選手権 大会2日目

今日は朝から晴天。朝は寒かったのですが、日中は気温が上がり陸風から海風に変わる予報が出ていました。

朝の陸風は風向110~120度、風速は4-10ノットでトリッキーなコンディションでしたが、定刻通り11:00に男子がスタートしました。

今日、日本の男子選手は2人ともイエローフリートです。3レースともにスタートは良かったのですが、風のフレに敏感に反応しすぎてコース全体を見ることができず、1上の順位が悪く3レースともになんとか下と2上で挽回はするものの、順位を上げることができませんでした。

女子選手も定刻通り、第1レースが11:30にスタートしました。
スタートもよく、大きな風のフレもうまく合わせることができた大西選手が5位で1上を回航。フリーで順位を落とすもののシングルでフィニッシュ。つづく2レース目も左からの大きなシフトに合わせ、このレースもシングルでフィニッシュしました。

新嶋選手、松浦選手は大きなフレに合わせず小さなフレに敏感に反応し、順位を上げられませんでした。しかし、今日の3レース目に新嶋選手がなんとか10番台でフィニッシュすることができました。新嶋選手はスタートが3レースともに良かっただけに、大きな視野でのレース展開ができなかったことが悔やまれます。

池田選手、新嶋選手、松浦選手ともに、艇速や角度で後れを取っているわけではなく、成績は出ていませんが今まで以上に考えながらレースができているので、明日に期待したいと思います。
男子の池田選手は明日かららのレースはシルバーフリートになってしまいましたが、少しでも順位を上げて、今後につながるレースをしてほしいと思います。

 

日本人選手の成績

男 子

51位20-24-16-24-(25)-25 池田 健星(明治大学・KAYA)

64位27-25-32-27-26-31 尾川 潤(島精機製作所)

女 子

22位(32)-34-23-8-8-25 大西 富士子(ホマレ電池)

28位13-30-29-(34)-32-18 新嶋…

記事を見る 

About

スナップ・ギャラリー