News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

甲子園浜関西学連合同新勧レポート!

「甲子園浜関西学連合同新勧レポート」

日時:2018年4月22日
場所:甲子園浜

今年最初の真夏日となった4月22日に快晴の甲子園浜で、関西学連主催の関西合同新勧ビーチイベントが開催されました。
参加大学は、甲子園浜をホームとする、大阪大、神戸大、甲南、関西学院大、武庫川女子大、そして、琵琶湖をホームとする京都大、同志社大、立命館大の計8大学から、入学したての
新1回生が137人と引率の上回生130人が参加し大盛況な1日となりました。

この合同新勧イベントの目的は、単にウィンドサーフィンの魅力を伝えるだけではありません。
大学に入学して「さあ、自分はこれからの4年間をどういう風に生きよう」と考えているであろう新1回生たちに、各大学に星の数ほどある文系、スポーツ系部活動、サークル活動の中で、ウィンドの部活が、そしてウィンドの学連(全日本学生ボードセーリング連盟)の活動がどれだけ素晴らしいものかを、このイベントの1日を通して皆さんにその一端でいいので感じてもらうのが目的です。

午前中は各大学が交わり班に分かれて、ウィンドサーフィンの体験をしたり、SUP(スタンドアップパドルボード)で遊んで海の感触を楽しみました。
そして、270人での大BBQ大会に突入。自分の入学した大学内だけでなく、他大学との交流会です。
ウィンド学連の素晴らしさは、なんと言ってもこの横断的な学生間の交流にあると感じました。縦横の交流に加えて他大学の上回生とも幅広く人脈を作って行くことができるのです。今回は8大学でしたが、全国で見ればその規模は
40大学を超えていきます。これは本当に凄いことです。

そして午後の部。まずは、1回生による、SUPの大学対抗レース。各大学から1回生3人づつで構成されたチームが参加して設定コースをリレーで回る競技に甲子園浜は盛り上がりを見せます。…

記事を見る 

今シーズンのモロッコで行われている、IWT第一戦「IWT Morocco Spot X」のプロクラスにおいて見事4位に入賞した石井孝良プロからレポートが届きました。http://internationalwindsurfingtour.com/

「プロクラスは2日に分けて行われました。ヒート進行は計24人のリパチャージ方式。1回戦は各ヒート3人で1位通過の選手がスキップして3回戦に上がり、2位と3位の選手は2回戦の敗者復活に回る。

1日目の風はサイドショアで弱く波は頭〜ロゴハイ。14分+2分トランジッションのwave2/jump0方式でその日は1ラウンド全てを終わらせた。

2日目の風はサイドショア、セミファイナルからサイドオフショアで4.2㎡ジャストの風。手前は弱い。…

記事を見る 

無料体験会募集のお知らせです!

今年も「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会」の期間中(5/10-5/15)に無料のウインドサーフィン&SUPの体験会を開催します。240名の募集ですが、まだ平日に空きがあるので参加者を募集しています。重複した場合には抽選となります。

またカメラマンやスタッフも募集中です。お手伝いできる方がいらっしゃいましたら、普及担当の福島英彦(hide@seaside-japan.net)までメールにてご連絡ください。どうぞ宜しくお願いいたします。※シェア拡散などもお願いします

https://wwcjapan.com/event/taikenkai/taikenkai/

記事を見る 

About

<競技について>

サーフィンのコンテストと同様に、ビーチ間際肉眼で見える範囲に演技海面を設定します。 競技者は、1対1で規定時間内にジャンプやライディングの演技を見せ、これをジャッジが判定します。 20m近いジャンプや空中で回転するエアリアルループなど大胆な技が次々と編み出される華やかな競技です。 ここ数年はジャンプ系の大技が次々と繰り出され、空中での華々しいバトルが見物でした。 競技は肉眼で見える範囲で行われますから、迫力ある演技を楽しめる競技です。


<競技内容>

波間の水面において競技者が決められた一定時間内でプレーニング滑走からトランジション・ウェイブライド・ジャンプの技術を 競い合い、ジャッジでの勝ち上がり形式により順位を競う競技種目。


<使用する道具>

使用する道具は、激しい競技での使用(プレーニングからのループ着水等)と波に巻かれた時にも破損が少ないよう丈夫なものと なっている。「ウェイブボード」と呼ばれる波に乗るためのロッカーが付いた最も運動操作性が優れた衝撃に強いボードと 「ウェイブセイル」とよばれる風を溜めない構造で、頑強な素材(X-PLY等)で補強されたセイルを使用する。


<特徴>

世界的にも一番注目を浴びる種目ですが、十分な波と風の両方が必要となり、開催場所が多少限定されます。 しかし、映像的にもウインドサーフィンを象徴する競技で世界的なスーパースターやレジェンドもウエイブ競技を主流としています。


<メッセージ>

この競技は、サーフィン同様のウェイブライディングとリッピング、ウィンドサーフィンならではの波に向かってのジャンプや ループ技が混合する「ウィンドサーフィン」という名が最もふさわしい競技でもある。 世界のトッププロでは、ウィンドサーフィンの三次元的な運動性を最大限に使って、多種多様な技で競い合い、このスポーツの イメージリーダー的存在として可能性を広げ続けている。


スナップ・ギャラリー