News&Topics(メンバーコンテンツブログ)

長らく「梅園CUP」の名で、FWの年間ランキングを決める重要な一戦として親しまれてきた同大会だが今年は会場の工事に伴い大分県杵築市住吉浜リゾートパークにて「住吉浜CUP2017」として開催された。

今年の大会で注目を集めたのが、今年日本に本格的に上陸したフォイルを使用してのレース「第一回ナショナルフォイルボードクラス」だろう。日本初となるフォイルを使用した公式戦、いったいどういうレースになるのか皆興味津々だった。

大会初日はあいにく風が弱くFWクラス、フォイルクラスはノーレースとなった。しかし二日目に強風予報がでているなか、「使用するフォイルのウィングの組み合わせは?」とか「そもそもそんな強風でフォイルのレースってできるの?」とか風待ちの間の選手の話題はもっぱらフォイルだったことからも、普段あまりフォイルをしていない選手からの注目度も高いことを感じた。

大会二日目、朝起きて部屋のカーテンを開けて海を見るとすでにかなりの強風が吹いているのが分かった。ブローは10mをこえるであろう風のなかフォイルに乗った経験はない。普段の練習ではフォイルに乗ろうとも思わない風だ。

はたしてレースを行うことが可能なのか?不安を感じながら会場に向かい準備を進めた。

まずはFWクラスが最小セイルでもオーバーな強風のなか1レース目がスタートしたが、上マーク付近でホールができてしまいキャンセルに。FWクラスをいったん浜にあげ、そして、ホイルクラスを行うとのアナウンス。

多くの選手が7.0㎡前後のセイルとフォイルボードかFWボードにフォイルをセットし、ふわふわと浮きながらスタートラインへ向かう。その中でひときわ目立っていたのが、穴見プロだった。この風の中でも完全にコントロールしきっている感じで強いハイクアウトフォームとアンヒールさせたキレのある走りをしていた。

そして第一レーススタート。今回のレースはスタボースタートに限定されたことも大きかったのだろう。心配されたスタートの混乱もなく、下から穴見プロが良いスタートを切り抜群の…

記事を見る 

大分住吉浜でフォーミュラーウインドサーフィン最終戦SUMIYOSHIHAMA CUPが行われた。

この大会結果で今季年間フォーミュラーランキングが決まることとなり


東は神奈川、西は沖縄からと全国からフォーミュラーレーサーが集まった。

今年は6月の蒲郡大会で強風の中最大レース数の7レースが行われフォーミュラーシリーズは幸先良いスタートを切った。

10月浜名湖フォーミュラーウインドサーフィンチャンピオンシップはコンディション不良でキャンセルとなったものの今大会は予報も良く再び強風でのレースが予想された。

大会前のランキングは1J67山田2J57香村3J24井津上(筆者)4J17寺前となっている。

焦点は蒲郡大会7レースすべてをトップフィニッシュで優勝を飾った山田を誰か止めることができるのか?それ次第でランキングが大きく入れ替わることも予想できた。

また今回フォイルクラスが国内初レースとなりこちらもでもSUMIYOSHIHAMA …

記事を見る 

About

スナップ・ギャラリー