フリースタイル

フリースタイル

<フリースタイルとは>

 ・競技方法はウエイブ競技と同じですが、波がなくても開催できます。
  トリックを中心に競うのがフリースタイル競技です。
 ・ヨーロッパや中米カリブ海非常に盛んな競技です。
 ・波が小さい場合などにも開催でき、より過激な技の応酬となるフリースタイル競技は
  現在とても注目されております。
 ・JWAでも数年前から大会を開催し日本でも徐々に増えつつあります。
 ・現在はフリースタイル競技とウエイブ競技が世界的なトレンドとなっており、
  特にフリースタイルは世界的に若手登竜門となっていて近年この競技からスーパールーキー
  が出現し、世界チャンピオンまでなることが多いです。
 ・この競技は「平水面のウェイブ」とも呼称され、水平方向の回転技が次々と生み出されています。

<競技内容>
 
 ・平水面において競技者が決められた一定時間内でプレーニング滑走から多種の技を繰り出し、
  技の華麗さ・多様性・技術の高さを競い合い、ジャッジでの勝ち上がり形式により順位を
  競う競技種目になります。
 ・おおよそ6m/s以上の風速で平水面・チョッピーな水面がコンディションとしてはいいです。
 ・二人の競技者がビーチからスタートする形でトーナメント方式により競技が行われます

<使用する道具>
 ・使用する道具はスラロームとウェイブの中間的な要素のものとなり、「フリースタイルボード」
  と呼ばれる最も回転性が優れたボードと3.5?7.5m2の「フリースタイルセイル」と呼ばれる軽くて
  しなやかなセイルを使用する。

<特徴>
 ・特徴としては、繰り出す技の多彩さが重要となることから、短時間により多くの技を行えるよう
  他の競技道具と比較して、走り出しから最短時間でプレーニングできるよう瞬発力の高く初速が
  得やすいものとなっています。競技歴史は古いが、2000年頃から専用道具の開発が始まったことで
  プレーニングからの回転技中心の競技スタイルとなり一般人気も高いものとなってきております。
 

Freestyle Festa Zushi 2017
HAMANAKO FREESTYLE CHAMPIONSHIP 2017
HAMANAKO FREESTYLE CHAMPIONSHIP 2017
COLD BREEZE 2016 DAY 2
20160521Trick n Try Motosuko 2016
20160416Zushi Free Style Festa 2016
20160320村櫛フリスタ
20150521Trick n Try Motosuko