全ての投稿 (297)

快晴の2日目。午前中は◎コンディションの中、体験者さんはぐいぐい上達。皆さんニッコリで「またやりたーい!」「はまりそー!」などの嬉しいお言葉をたくさん頂きました。午後は予想通り南風があがり、かなり難しいコンディションとなったものの、次第にコツを掴み、風に乗っていました。
ウインドサーフィンは自然と遊ぶスポーツなので良いコンディションの時もあれば、良くないコンディションの時もあります。でも、それを楽しむスポーツでもあります。
上手くできた方も、上手くできなかった方も、2回3回とやることによって、もっと楽しく、新しい発見も見つかると思います。これから良いシーズンです。是非、今回の体験会をきっかけにこの夏はハマってみてくださいね!


記事を見る 

2018.5.10 (木)

いよいよFly! ANA Windsurfing World Cupが、今日から6日間にわたり横須賀市
津久井浜にて開催される。
男女合わせて88名の参加となる今大会は、PWAの2018シーズン初戦となるスラローム
レースであり、今シーズンの行方を占う意味でとても大切なレースであるため、多くの
選手が緊張と期待の入り混じった表情で準備を進めている。

 


レジストレーションを終え、開会式のタイミングを待つように雨脚が強くなり、
雷も鳴る中での開会宣言となった。

運営サイド、選手共に入念に準備が行われているが、雨上がりの晴れ間に風が弱く、
スキッパーズミーティング後にウェイティングとなった。

午後には気持ちの良い晴天となったが北東からの風はやや東に回ったところでとまり、
風速も上がらず。

天候は完全に回復したものの、遂に風が上がることはなく、初日を終えた。

 


特設ステージでは、選手インタビュー、体操などなどのイベントも行われ会場は
賑わっていた。
また、ウインドサーフィン、SUPの体験会も賑わっていたのだが、
雷鳴が轟いたことにより午後の体験会は中止となった。


明日の予報は昼頃には十分な風速になる可能性がある。本戦のスラロームから始まる
ことを期待したい。

記事を見る 

初日の模様です。午前中は少し肌寒いながらも適度な風の中、無事に体験会を終えることができました。少し風が強く、海面も荒れていましたが、皆さん徐々にコツを掴み、後半はジャイブして帰ってこれるようになってました。 午後の部は天気が急変し、雷雨になり、残念ながら中止となりました。 今後もこちらとJWAのFBの方で写真を公開していきます。

記事を見る 

甲子園浜関西学連合同新勧レポート!

「甲子園浜関西学連合同新勧レポート」

日時:2018年4月22日
場所:甲子園浜

今年最初の真夏日となった4月22日に快晴の甲子園浜で、関西学連主催の関西合同新勧ビーチイベントが開催されました。
参加大学は、甲子園浜をホームとする、大阪大、神戸大、甲南、関西学院大、武庫川女子大、そして、琵琶湖をホームとする京都大、同志社大、立命館大の計8大学から、入学したての
新1回生が137人と引率の上回生130人が参加し大盛況な1日となりました。

この合同新勧イベントの目的は、単にウィンドサーフィンの魅力を伝えるだけではありません。
大学に入学して「さあ、自分はこれからの4年間をどういう風に生きよう」と考えているであろう新1回生たちに、各大学に星の数ほどある文系、スポーツ系部活動、サークル活動の中で、ウィンドの部活が、そしてウィンドの学連(全日本学生ボードセーリング連盟)の活動がどれだけ素晴らしいものかを、このイベントの1日を通して皆さんにその一端でいいので感じてもらうのが目的です。

午前中は各大学が交わり班に分かれて、ウィンドサーフィンの体験をしたり、SUP(スタンドアップパドルボード)で遊んで海の感触を楽しみました。
そして、270人での大BBQ大会に突入。自分の入学した大学内だけでなく、他大学との交流会です。
ウィンド学連の素晴らしさは、なんと言ってもこの横断的な学生間の交流にあると感じました。縦横の交流に加えて他大学の上回生とも幅広く人脈を作って行くことができるのです。今回は8大学でしたが、全国で見ればその規模は
40大学を超えていきます。これは本当に凄いことです。

そして午後の部。まずは、1回生による、SUPの大学対抗レース。各大学から1回生3人づつで構成されたチームが参加して設定コースをリレーで回る競技に甲子園浜は盛り上がりを見せます。
そして、クライマックスは各大学の上回生3人で編成されたチームによる学連公式のテクノクラスでのリレー競技。微風コンデションながら、ここは各大学ともに1回生の前でかっこいいところを見せなくてはとガチんこレースを展開?
そこにコメント達者な上回生のノリのいいMCも入り、レースは最高潮に。
見ている者は、ウィンドが個人競技のみならずチーム競技であること、もっと言えば、大学名を背負って競う学生スポーツのかっこよさを再確認することが出来ました。選手の皆様お疲れ様&ありがとう。

レース後は参加者全員で、1日を遊ばせてもらった甲子園浜をビーチクリーン。

閉会式を兼ねた表彰式で、1回生のSUPレースの結果と1回生+上回生のレース結果を合算したポイントでささやかな表彰式が行われました。
このような楽しい時間ははあっという間に過ぎ、16時に予定どおりに無事終了。

この日の甲子園浜合同新に参加してくれた1回生はこのイベントをとても楽しんでくれた様子でした。
そんな1回生の皆様も、続々とウィンドサーフィン部に入部を表明してくれているという嬉しい情報を聞いています。

このように今年の関西学連合同新勧イベントは滞りなく開催されました。

まず、休日にもかかわらず甲子園浜を使用させてくれた、SeaYou様、ラナイズ様、スプーキー様有り難うございました。
PA機器を貸してくれたり、スクールの道具を貸し出ししてくれた各ショップの協力無しではこのイベントは出来ません。
各クラブメンバー様にもゲレンデを快く使わせて頂き感謝です。

そして、JWAからの御協賛、誠に有り難うございました。おかげさまで参加者は大BBQを楽しめました。

最後に、関西学連幹部の皆様、お疲れ様。イベントの無事成功は皆様が一生懸命に事前準備したおかげです。本当にありがとう。

レポート 
JWA テクノクラス担当
BicSport Japan代表 内海

記事を見る 

2018 WINDSURFING WORLD CUP SUPPORTERS MEET

ウインドサーフィンワールドカップ サポーターズミート
 & ウエルカムパーティーのお申込期限を5月10日まで延長しました!!

パーティーは当日参加OKです!!(パーティーのみは5000円です)
レースのみ参加は3000円です(Tシャツがもらえます!)
※日曜日だけの参加も可能です!

〇申込方法
ショップ所属の方:各ショップでエントリー費を添えて、お申込みください。
一般の方:以下の口座にエントリー費を振り込み、こちらの申込書必をダウンロード
してもらい必要事項を記載後、メールにてお申込みください。

締切: 2017年5月10日(月)

振込口座:みずほ銀行 浜松支店 普通1388646 特定非営利活動法人日本ウインドサーフィン協会

申込メールアドレス:wavesync2012@gmail.com
(件名は「WCサポーター申込み」でお願いします)

〇大会連絡先 株式会社EO 国枝まで 046-840-1287

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018 WINDSURFING WORLD CUP SUPPORTERS MEET
ウインドサーフィンワールドカップ 
  サポーターズミート & ウエルカムパーティー

全国のウインドサーファーへ!
昨年24年ぶりのワールドカップ開催!今年で第2回目!!
ウインドサーフィンワールドカップが今後も継続的に開催され、ウインドサーフィンがより盛り
上がるように、自分自身もワールドカップを楽しみながら、サポーターとしても大会に参加しませんか!

■期日:2018年5月12日(土)~13日(日)

■場所:神奈川県 横須賀市津久井浜 

■主催:日本ウインドサーフィン協会(JWA)

■協力:ワールドカップ実行委員会/ワールドカップ横須賀大会応援団

■参加費:7000円 
                 ①ウエルカムパーティーのみ参加 ¥5000
      ②レースのみ参加 ¥3000

■参加資格:主旨に賛同いただけるウィンドサーフィン愛好者なら誰でもOK(小学校高学年以上)

■募集人数:300名  *定員になり次第、締め切りとする

 

★ワールドカップサポーターにお願いしたいこと★

1:スーパーファンレースへの参加

ファンレースを開催し、その圧巻の光景をTV等の各メディアに乗せ、

ジャパニーズウインドサーファーの存在を全国に、そして世界にアピールしたいと考えています。

日本最大のファンレースを目指しましょう!

2:ウインドサーフィンガイド

会場内はウインドサーフィンのことが判らない方がたくさんいらっしゃいます。そんな皆さんにウインドサーフィンの魅力を伝えるご協力をしていただきたいと思います。

 

★ワールドカップサポーターズ特典★

1:ワールドカップサポーターズオリジナルTシャツを進呈します

2:スーパーファンレースの入賞者および飛び賞当選者に豪華賞品を進呈します

3:ワールドカッパーによるセッティング講座等のスペシャルイベントへの参加資格

4:ウエルカムパーティー(外人選手は招待、バスを用意する)

その他、たくさんの特典を検討しています。

 

<<<<<スーパーファンレース>>>>>

5月12日(土)~13日(日)でワールドカップ本戦が開催されないコンディションになった場合に
1レースだけ開催されます。コスプレ、デコレーション等でのパフォーマンス、大歓迎です。

ワールドカッパーも出場予定!

会場&海上を盛り上げましょう!

<スケジュール>

〇5月12日(土)

受付・レジストレーション8:00~

選手ミーティング 9:00~

1stチャレンジタイム 11:00~

2ndチャレンジタイム 14:00~

ウエルカムパーティー 18:00~ 18時スタートで大丈夫??

〇5月13日(日)

受付・レジストレーション8:00~

選手ミーティング 9:00~

3stチャレンジタイム 11:00~

4ndチャレンジタイム 14:00~

4回のチャレンジタイムのいずれかでファンレースのスタートを予定しています。

PWAの競技が開催されないコンディションのみでの開催となります。

よって2日間ともPWA競技が開催された場合はファンレースは行いません。

主旨を理解の上、エントリーをお願いいたします。

 

〇大会方法

まずは参加者全員にスタートラインに行っていただき、写真やドローンでの撮影を行いますので、
撮影の際は思いっきり、ウインドサーフィンのアピールをお願いします。

その後、一斉にスタートします。

上位入賞者を表彰し、飛び賞で記念品を進呈いたします。

〇エキップメント 

・ノンダガ―ボード

・セイルサイズやボードサイズの規定はありません。

・フォイルは禁止とします。

 

〇セイルナンバー

 ・JWA会員は自身のセイルナンバーを使用。非会員はエントリー時にセイルナンバーを申請ください。

バッティングした際はJWA会員は優先となり、番号を修正いただく可能性があります。

セイルナンバーは必ず両面に貼ってください。

 

〇帆走指示書・レースエリア・レースコース 

・当日の公式掲示板に示される。

 

〇その他

・各選手は自己の責任において大会に参加するものとする。主催団体、実行委員会、またはこ

の大会に関わる全ての関係者は、競技者の大会前大会中、大会後の死亡、怪我、病気または、

その他の物質的な損害についての責任を負わない。

・浮力体(PFD)の着用を義務付けます。必ず各自で準備持参し海上では必ず着用のこと。

・途中で風が上がり、大会本戦が行われることになった場合は、その時点でスーパーファンレースは終了となります。

・大会内容の訂正、修正がある場合は参加者にメールにてお知らせ致します。


〇ウエルカムパーティー会場

・津久井浜会場 ステージ脇にパーティーエリアを設置いたします!! 

・開催時間 18:00~(レース状況に合わせて前後いたします)

・住所 神奈川県横須賀市久里浜8丁目17-23

・電話 046-834-3421

 

<<<<<ウインドサーフィンガイド>>>>>

参加賞のTシャツがWORLD CUPサポーターの証し!

これを着たウインドサーファーはウインドサーフィンガイドとして、来場者の方にウインドサーフィンの魅力を伝え

るための協力をお願いしたいと思います。

具体的には会場でウインドサーフィンのことが判らない方からの質問を受けたり、道具に関する説明をしたり、来

場者全員がウインドサーフィンのファンになるようサポーター全員で「おもてなし」ができればと思います。

会場では、このTシャツを着た方に気軽にウインドサーフィンのことを聞いてください、と大々的にインフォしま

す。どうしても対応ができない時は、Tシャツは脱いでおいてくださいね。

記事を見る 

『Windsurfing Competiotion Rules( WCR)」の翻訳版「ウィンドサーフィン競技規則(WCR)2017−2018が、4月21日よりダウンロード販売されました。

国内のウィンドサーフィン競技はこれを基い行いますので、選手や関係者の方はぜひご購入下さい。

価格は1,000円+Taxです。

 

コチラからどうぞ↓↓↓

ウィンドサーフィン競技規則(WCR)2017-2018

記事を見る 

FREESTYLE FESTA ZUSHI 2018(JWA JAPAN TOUR 2018-2019 FREESTYLE #1)
日程 2018年4月14日(土曜日)-15日(日曜日) 場所 神奈川県逗子市 逗子海岸
にて開催いたしました。

 

各選手ともコンディションと作戦に頭を悩ませながらも、本大会も素晴らしい演技が繰り広げられました。

 

参加の皆様、ご協賛してくださったメーカー様をはじめとした皆様、応援観戦してくださった皆様、運営の皆様

 

本当にありがとうございました!!!

 

全文のPDFファイルをこちらよりダウンロードできます。

→ダウンロード

 

記事を見る 

こんにちは!

JWAフリースタイル委員会です!!

 

「JWA JAPAN TOUR 2018-19 FREESTYLE #2 TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018」の大会ポスターができました!!

 

 


選手権開催日は2018年5月19日・20日です!!


すでにご連絡いたしましたとおり、大会公示を公開しております。

 

JWA JAPAN TOUR 2018-19 FREESTYLE #2 TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018 大会公示

 

また、エントリーも受付を開始しております!みなさま、ぜひエントリーをお願いします!!!

 

デジエントリー - TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018(外部サイトのページが開きます) 

 

記事を見る 

こんにちは!

JWAフリースタイル委員会です!!

 

フリースタイル フェスタ 逗子 2018 (JWA JAPANTOUR 2018-2019 FREESTYLE #1)

日程 2018年4月14日(土曜日)-15日(日曜日) 場所 神奈川県逗子市 逗子海岸

にて開催致しました。

 

同大会に参加された皆様、運営いただきました皆様、ご協賛してくださったメーカー様を初めとした皆様、

応援観戦してくださった皆様本当にありがとうございました。

 

遅くなりましたが、大会リザルトをまとめましたのでご覧ください。

 

大会結果 リザルト ヒート表はこちらから。

フリースタイル フェスタ 逗子 2018 リザルト ヒート表

 

またJWA公式の大会映像を YouTube にて公開しております。

記事を見る 

今年も沢山の皆さまのご支援を頂き、JWA JAPAN TOUR 2018-19 FREESTYLE #1「 フリースタイルフェスタ逗子2018」開催することができました。 

参加の皆さま、共催、協力、後援、協賛、応援してださった皆さま本当にありがとうございました。

大会初日は ノンプレーニングクラスと、フリースタイルフェスタ逗子実行委員会主催「キングオブフリースタイル」 を行うことができました。

大会2日目は夜中からの強烈なオンショアから始まった1日でしたが、

プロクラス、スペシャルクラスが成立、フリースタイルフェスタ逗子実行委員会主催「キングオブフリースタイル」を行う事が出来ました。

 

まずは、競技結果速報をお伝え致します。 詳しいご報告は後日投稿致します。

 プロクラス

                  氏 名   所 属

優勝    吉田 洋海 JP NEILPRYDE NPSURF STUSSY MO'DESIGN

準優勝  小林 悠馬 STARBOARD,SEVERNE,LUCKY ISLAND,江戸一,グローバルアイ,BIRDS,ON'S,ZEN,adidas eyewear,GoPro,Disport          World,CB,ZWS

3位     池照 貫吾 CBサーファーズ、セブンシーズ

4位     橋本 洋  RRD Sail、RRD Bord、On's Company、AERON、ION、69slam、FULLON、FiNe

 

スペシャルクラス 

             氏 名   所 属

優勝   津野 健介  Kaya, JP Australia, Neilpryde

準優勝 梅川 努   Shoreline、HEN-LINE、Naish sails、Ciel Clinic

3位  浮田 慎    Triton

4位  市川 孝雄   winds171

 

 

オープンAクラス(セッション)

4名同率1位

氏 名   所 属

名取 俊昭   逗子ウインドサーフスクール

倉持 星也  kaya

生駒 篤樹  watermans wetsuit 、 owc

互井 千恵子  ファーイースト、Garage580、砂丘魚政なごみ

 

 

ノンプレーニングスペシャルクラス 

               氏 名   所 属

優勝      杉 匠真    GAsails TABOU AERON ON's Satiworks MARINEBLUE SMITH OVERBOARD LimaEntertain

準優勝  小林 悠馬 STARBOARD,SEVERNE,LUCKY ISLAND,江戸一,グローバルアイ,BIRDS,ON'S,ZEN,adidas eyewear,GoPro,Disport                                    World,CB,ZWS

3位       津野 健介 Kaya, JP Australia, Neilpryde

4位       池照 貫吾 CBサーファーズ、セブンシーズ

 

 

ノンプレーニングオープンクラス

                氏 名   所 属

優勝     笠原 一朗     CB

準優勝  小西 麻文    逗子ウィンドサーフスクール

3位  松井 晴        OWC

4位  武田 知久    逗子ウィンドサーフスクール

 

 

ノンプレーニングビギナークラス

              氏 名     所 属

優勝      馬場 空羅   セブンシーズ鎌倉Jr

準優勝  小西 陽人    Marine Blue

3位       杉 僚真  Marine Blue

 

 

U-18フリースタイルチャレンジクラス 

 

            氏 名     所 属

優勝     小西 麻文   逗子ウィンドサーフスクール

準優勝  小西 陽人   Marine Blue

3位       馬場 空羅   セブンシーズ鎌倉Jr

4位       杉 僚真        MarineBlue

 

フリースタイルフェスタ逗子実行委員会主催「キングオブフリースタイル」

 

              氏 名   所 属

優勝       杉 匠真    GAsails TABOU AERON ON's Satiworks MARINEBLUE SMITH OVERBOARD LimaEntertain

準優勝   小林 悠馬 STARBOARD,SEVERNE,LUCKY ISLAND,江戸一,グローバルアイ,BIRDS,ON'S,ZEN,adidas eyewear,GoPro,Disport                                     World,CB,ZWS

3位    橋本 洋  RRD Sail、RRD Bord、On's Company、AERON、ION、69slam、FULLON、FiNe

 

記事を見る 

こんにちは。
JWAフリースタイル委員会です。

2018-2019 シーズンの開幕まで、あと一週間ですね!!

今シーズンの開幕前に競技規定の一部を改訂いたします。
フリースタイル公式競技に出場する方は特にご確認ください。よろしくお願いします。

変更点は次の通りです。

  1. 「34 ジャッジング」に「34-1」を追加しました。
    ノンプレーニングクラスのジャッジングに関する内容となりますので、同競技に参加される方はご確認ください。
  2. 「34-5 スペシャルクラス」に「ポイントが0対0であった場合の勝敗の決定方法」を追加しました。
  3. 「34-6 プロクラス」に次の内容を追加しました。
    ・ポイントが0対0であった場合の勝敗の決定方法について
    ・同タックでの連続トリックがカウントされないことについて

2018-2019 シーズンの競技規定の全文はこちらよりご確認いただけます。
 

JWA JAPAN TOUR フリースタイル競技規定(2018-2019 シーズン)


※ご不明な点は JWAフリースタイル委員会までご質問ください。
JWA 事務局( wind@jw-a.org )までお問い合せ下さい。

記事を見る 

今シーズンのモロッコで行われている、IWT第一戦「IWT Morocco Spot X」のプロクラスにおいて見事4位に入賞した石井孝良プロからレポートが届きました。http://internationalwindsurfingtour.com/

「プロクラスは2日に分けて行われました。ヒート進行は計24人のリパチャージ方式。1回戦は各ヒート3人で1位通過の選手がスキップして3回戦に上がり、2位と3位の選手は2回戦の敗者復活に回る。

1日目の風はサイドショアで弱く波は頭〜ロゴハイ。14分+2分トランジッションのwave2/jump0方式でその日は1ラウンド全てを終わらせた。

2日目の風はサイドショア、セミファイナルからサイドオフショアで4.2㎡ジャストの風。手前は弱い。 波はマスト〜時々マスト半のサイズが入っていた。

ファイナル以外18分+2分トランジッションのwave2/jump0方式。ファイナルは30分+2分トランジッションのwave2/jump1方式。

1回戦、2本ともロングライドでき2本目の波ではゴイターを決め1位通過で突破。それでも2位との差は1〜1.5点ほど。

3回戦、試合中最大セットの綺麗なものを取りかなりロングライド。ブジュマが1位通過、自分は2位通過でベスト8進出。

4回戦(セミファイナル)、サイドオフショアの強目の風、自分の最も得意なコンディションに変わった。波は少し上がった。
1発目のセットの波でバーティカルなリップとかなりでかいエアリアルのあとロングライドを決め8点〜8.5点を出し2位通過でファイナル進出。1位通過だったアントワンは10点出した。

ファイナル、このヒートはジャンプありで30分ヒート。波はさらに上がった、バーティカルなリップや、エアーからのロングライドなども決まり調子は良かった。ロングライドのあと2回ゴイターを持ってきたが決まらず。波もあまり良いものを取らせてもらえなかった感じがあった。バックループもかなり高いものをクリーンメイク。ほぼベストは尽くせたが結果は4位でした!」

今後の日本の若手の活躍が益々楽しみです。

photo:Nicolas Jones

記事を見る 

無料体験会募集のお知らせです!

今年も「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会」の期間中(5/10-5/15)に無料のウインドサーフィン&SUPの体験会を開催します。240名の募集ですが、まだ平日に空きがあるので参加者を募集しています。重複した場合には抽選となります。

またカメラマンやスタッフも募集中です。お手伝いできる方がいらっしゃいましたら、普及担当の福島英彦(hide@seaside-japan.net)までメールにてご連絡ください。どうぞ宜しくお願いいたします。※シェア拡散などもお願いします

https://wwcjapan.com/event/taikenkai/taikenkai/

記事を見る 

こんにちは、JWAフリースタイル委員会です。


2018-2019シーズンに新たにプロ登録された選手を紹介いたします!
みなさま、応援をよろしくお願いします。

 

名前: 池照貫吾

 

自己紹介: ウィンドサーフィン歴11年、ウィンドを愛しウィンドに愛された17歳 高校3年生の池照貫吾です。2018-2019シーズンから、プロとして新たなスタートを切ります。皆様を楽しませられるようなパフォーマンスができるように精進してまいります。よろしくお願いいたします!

 

スポンサー: CB SURFERS , SEVENSEAS

 

生年月日: 2000年11月9日

 

好きなゲレンデ: 逗子、村櫛、マイクロビーチ

 

得意な技: スポック、フラカ

 

練習中の技: クロ、ボブ、イースライダー

 

代表的な戦績: FREESTYLE FESTA ZUSHI 2017 プロクラス3位

 

自分の性格を一言で: マイペース

 

今後の目標: 自分のパフォーマンスでウィンドに興味を持つ人を増やします!

 

記事を見る 

JWA JAPAN TOUR 2017-2018 SLALOM FINAL第4戦 SUMIYOSHIHAMA CUPが2018.3/23.24.25の三日間、大分県杵築市住吉浜リーゾートパークにて開催されました。

開会式

開会式の風景

大会実行委員長 穴見和彦様のご挨拶

大会初日

初日はプロクラスのみ大会を予定しておりましたが、プロスラロームクラスの試合ができる風速規定まで風が上がる事はありませんでした。しかし、今大会よりエキシビジョンホイルクラスが設けてあり、国内で2例目のホイルレースが2レース成立しました。

コンディションは風向、南東~東 風速、5~10ノット 参加選手10名

多くの選手が150ℓ~170ℓ台のフォーミュラボードに8~9㎡台のセイルサイズを使用。

10名一斉スタートの上(0)マーク、サイド(1)マークを1周回るコース。

フォイルクラスコース図

 

 

大会初日

初日はプロクラスのみ大会を予定しておりましたが、プロスラロームクラスの試合ができる風速規定まで風が上がる事はありませんでした。しかし、今大会よりエキシビジョンホイルクラスが設けてあり、国内で2例目のホイルレースが2レース成立しました。

コンディションは風向、南東~東 風速、5~10ノット 参加選手10名

多くの選手が150ℓ~170ℓ台のフォーミュラボードに8~9㎡台のセイルサイズを使用。

10名一斉スタートの上(0)マーク、サイド(1)マークを1周回るコース。

第1レース、上(0)マークをJPN-60 穴見プロ JPN-57 香村プロ JPN-17 寺前プロの順に。フィニッシュは1位JPN-60 穴見プロ 2位JPN-17 寺前プロ 3位JPN-57 香村プロ。

第2レース、上(0)マークをJPN-57香村プロ JPN-60穴見プロ JPN-1919生田選手の順に。フィニッシュは1位JPN-60穴見プロ 2位JPN-1919生田選手 3位JPN-57香村プロ。

第1レース、第2レース共に1位のJPN-60 穴見プロ

第1レース、2位JPN-17 寺前プロ

第1レース、第2レース共に3位JPN-57香村プロ

第2レース2位、今大会スラロームもダブルエントリでトリプルエントリーのJPN-1919生田選手

 

救命講習

その後、苅田町消防本部 塚崎智晴講師による救命講習が行われました。

内容①心肺蘇生の概略

  ②実技 a 人形を使用しての心肺蘇生法

           b 人形を使用してのAEDの取り扱い

  ③その他応急処置

塚崎智晴講師 今大会にもエントリーしているバリバリのスラローマー

講習風景1

講習風景2

大会2日目

2日目からオープンスラロームクラスも開催され、午後からオープンメンズ2レース、オープンウィメンズ2レースの計4レースが成立しました。

コンディションは風向、南東~東 風速、7~11ノット、各選手最大セットを使用してのレースとなりました。

 

オープンメンズ第1レース、JPN-1919生田選手が好スタートで飛び出しましたが、最終マーク後に前回の奄美大会でも大活躍したJPN-814金上選手が生田選手を抜いて1位フィニッシュ、2位 生田選手 3位JPN-170 岩崎選手。

 

オープンウィメンズ第1レース、JPN-374佐伯選手 JPN-373西岡選手 JPN-165窪田選手の3選手が好スタート。ジャイブ後の立ち上がりのパンピングとプレーニングの艇速を活かし、最終マーク後にJPN-131山辺選手が1位フィニッシュ、2位 佐伯選手 3位 窪田選手。

 

オープンメンズ第2レース、JPN-97 田渕選手 JPN-1919生田選手が好スタート。途中JPN-170岩崎選手がトップに立つも、田渕選手が抜き返し1位フィニッシュ、2位 岩崎選手 3位 金上選手。

 

オープンウィメンズ第2レース、風が徐々に弱くなり微風域でもパンピングによるプレーニングが得意とする、JPN-131 山辺選手 JPN-774 石井選手 JPN-374 佐伯選手の順にフィニッシュとなりました。

第1レース1位、第2レース3位と前回の奄美大会での優勝者JPN-814金山選手

第1レース3位、第2レース2位と安定感あるJPN-170岩崎選手・第2レース1位のJPN-97田渕選手

第1レース、第2レース共に1位のJPN-131山辺選手

3日目

午後から東北東の風が5~10ノット吹き、エキシビジョンホイルクラスが第3レース成立。コース図は初日と同様上

(0)マークをJPN-57香村プロ JPN-67山田プロ JPN-60穴見プロの順に。フィニッシュは1位JPN-67山田プロ 2位JPN-60 穴見プロ 3位JPN-57香村プロ。

第3レース、1位JPN-67山田プロ

その後オープンクラスを予定していましたが、風が上がる事なく終了となりました。

残念ながらプロスラロームクラスは不成立となりましたが、エキシビジョンフォイルクラスが3レース成立、オープンクラスが男女共に2レース成立でJWA JAPAN TOUR 2017-2018 SLALOM FINAL第4戦 全日程終了となりました。

 

リザルト

表彰式

オープンメンズ 1位JPN-814金山選手 2位JPN-170岩崎選手 3位JPN-97田渕選手

オープンウィメンズ 1位JPN-131山辺選手 2位JPN-374佐伯選手 3位JPN-774石井選手

エキシビジョンフォイルクラス 1位JPN-60穴見プロ -57香村プロ 3位JPN-67山田プロ

 

今大会、SUMIYOSHIHAMA CUPを開催するにあたり、準備段階から大会運営とご協力して下さった、穴見和彦様をはじめ各スポンサーの皆様、大会運営スタッフの皆様、心より御礼申しあげます。

 

 

 

 

 

記事を見る