全ての投稿 (304)

7時58分に発生した、大阪府北部を震源とする地震。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに今後、同じ程度の地震が発生する可能性もあるとの事ですので、十分に気を付けてください。これ以上被害が広がらないことを願っています。

記事を見る 

2018年6月2日~3日
フォーミュラウインドサーフィンチャンピオンシップ蒲郡カップ2018
(JWAフォーミュラプロツアー第1戦)

今年度のJWAフォーミュラプロツアーは、年間三戦

6月蒲郡

10月浜名湖

11月大分住吉浜

 

 

今年度のPWAワールドカップからフォイル競技が正式種目になり、盛り上がっているアップウインドレース!

 

日本ウインドサーフィン協会(JWA)でも、世界に遅れずに、フォーミュラプロツアーの中で、エキジビション‼️フォイルレースとして、採用です!

 

今回の蒲郡カップには、24名のアップウインドレーサーがエントリー

 

梅雨の晴れ間の蒲郡にて、エキサイティングなレースが展開されます!

 

フォーミュラ➕フォイル遠征は、道具

フォーミュラboard✖️1➕セイル3

フォイルboard✖️1➕セイル3

ハイエースに4名分余裕です

 

愛知県蒲郡といえば、三河湾☺️

年間通して、風のポイント

ずいぶん前ですが、日本チャレンジのベースキャンプ地☺️

 

蒲郡駅前には、ドカーン❗と日本チャレンジの艇が展示☺️

 

また、昨年からワールドセーリングの開催地☺️

 

更に30年前の、⏹️拓殖大学ウインドサーフィン部⏹️☺️主将で参戦した、インカレ団体戦☺️

慶応大と明治大とのデッドヒートの結果、団体優勝したことは、自分のウインドサーフィン人生のターゲットになりました(笑)

 

前日から強者達が集結です

関東☺️津久井浜MRC軍団

関西☺️甲子園浜KRC軍団

 

 

大会初日も真夏日‼️

 

開会式からスキッパーズミーティングです

選手ミーティング

やはりフォイルの方向性のミーティング

 

協賛メーカー様

 

✳️開会式☺️協賛品画像

 

スターボートジャパン様

ニールプライド&JP様

GO&FUN様

横須賀ウインドブルー(さかくら総本舖様)

藤井さん(木製ハンドメイドトロフィー)

ねこ先生の整体院(神門堂横須賀支部)金子先生

 

ありがとうございます

感謝致します☺️

 

初日☺️南東吹きあからす

15時45分

フォイルrace(ファンrace☺️正式raceではなく)

浮き上がらず☺️残念です

 

大会二日目

南東ピンポイントの風で、エキジビション☺️フォイルclass 2レース成立

 

エキジビションとはいえ、日本いや!世界でも!大注目競技☺

️フォイル‼️アップウインドレース!

 

 

メインのレース

フォーミュラレースは、夕方近くまでワンちゃん風を待ちましたが、リリース!

 

すべての競技が終了

 

今後☺️更にフォイルレース熱が加速するのは、間違いありません。

 

今回二日間にわたり、長い時間海上運営の前地さん他の海上staffの未菜さま

 

海上運営のstaffの皆様

 

協賛メーカー

スターボートジャパン様

ニールプライド&JP様

GO&FUN様

横須賀ウインドブルー(さかくら総本舖様)

藤井さん(木製ハンドメイドトロフィー)

ねこ先生の整体院(神門堂横須賀支部)金子先生

 

ありがとうございました

本当に感謝です

 

 

 

フォイル‼️アップウインドレース

今後も注目です

 

ウインドサーフィン業界の救世主❗

フォイル‼️

 

二日目ピンポイントの南東風でエキジビション☺️フォイルclassレースが2本成立‼️

...

なんと‼️
優勝出来ました(m(__)m)

セバーンマッハ1/9.4➕スターボードFW177➕スターボードフォイルrace(95マスト 115✖️800/225)

本当に吹いて良かったです

肝心のフォーミュラclassは、夕方まで風上がりきらず、残念ながらキャンセルです

次のプロツアーは、
7/7~8 千葉検見川浜スラローム第1戦です‼️

ありがとうございました

JPN57 香村治彦

 

↓大会のリザルトはこちらから↓ 

2018、FW蒲郡フォイルクラス.pdf

 

↓大会の動画はこちらから↓ 

https://www.facebook.com/yuji.wakimoto/videos/1786422678090004/

 

記事を見る 

2018 World Cup Series Final/ Marseille

ワールドセーリングワールドカップ ファイナルが現在フランス・マルセイユで行われています。

この大会はワールドカップランキング上位選手のみが参加席る大会になります。

日本からは  RSX級男子 富沢慎、尾川潤、倉持大也  3名 RSX級女子 小嶺恵美、伊勢田愛、大西富士子、須長由季  4名 計7名の選手が出場しています 応援の細よろしくお願いします。

 

セーリング連盟ホームページレポート http://jsaf-osc.jp/report/report_015.php

大会ホームページ(リザルト) https://www.manage2sail.com/en-US/event/6710686e-9418-4cbd-b92d-92e46a2d006a#!/results?classId=b349c999-d0fe-4243-8ac0-45cff23f8039

記事を見る 

2018-2019 シーズンのフリースタイル競技規定を改定します(2018.5改定)

こんにちは。
フリースタイル委員会です。

競技の実態に合わせて、規定の一部を見直しましたので、ご案内をいたします。


フリースタイル公式競技に出場する方は特にご確認ください。よろしくお願いします。

 

変更点は次の通りです。

  • 「9-4」にて、 レディースクラス開催における必要人数を改めました。
  • 「16 得点計算方法」とされていた改定前の内容を、「順位確定及び賞金分配方法」とし、プロ/アマそれぞれでの順位確定(プロは賞金分配含む)を詳細に定めました。


競技規定の全文をこちらよりご確認いただけます。

 

JWA JAPAN TOUR フリースタイル競技規定

記事を見る 

こんにちは!

JWAフリースタイル委員会です!

フリースタイルイベントをご紹介します。

フリースタイル向上委員会主催による、全国のフリースタイル愛好家が集うイベントが開催されます!!

 

題して「フリスタキャンプ2018」です!

 

とても楽しみですね〜〜


詳細は次の通りです!

 詳細ページはこちらから。 

 開催予定日:2018年8月26日(日曜日)

場所:本栖湖ドラゴンビーチ(本栖湖キャンプ場)
※予報により、三浦海岸または浜名湖村櫛海岸に変更になる可能性があります。

参加費:2000円(現地徴収)

エントリー方法:現地集合


変更がある場合、FacebookなどのSNSでご案内予定。

当ブログでも追ってお知らせ致します。

 

フリースタイルをみんなで楽しみましょう!!

まわりのフリースタイラーもぜひお誘いください!

参加してみてはいかがでしょうか!

 

記事を見る 

5月19日(土)、20日(日)に

 

山梨県南巨摩郡身延町 本栖湖ファンボードゲレンデにて開催されました

 

「TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018 (JWA JAPAN TOUR 2018-2019 FREESTYLE #2)」の様子を

 

大会レポートとして公開いたしましたので、ぜひお読みいただけますと幸いです。

 


プレーニング競技にはあいにくなコンディションになってしまいましたが、

 

そんな中でもノンプレーニング競技でハイパフォーマンスな演技が繰り広げられました!!

 

ノンプレーニングクラスのレベルアップスピード、スゴくないすか?!

 

「ノンプレーニング競技だけで、大会を開催できるんじゃないか?」なんていう声もチラホラ・・・

 


そして、参加の皆様、ご協賛してくださったメーカー様をはじめとした皆様、応援観戦してくださった皆様、運営の皆様

 

本当にありがとうございました!!!

 

大会レポート(PDFファイル)をこちらよりダウンロードできます。

 

 

記事を見る 

 

B級ジャッジ(新規)認定講習・試験を下記の通り開催致しますとお伝えいたしましたが、
日程を変更いたします。

日程についてはあらためてこちらのNEWS/TOPICSにて公示いたしますのでお待ちください。

 

主催   :日本ウインドサーフィン協会(JWA

日時   :201816日(土)9:0016:30

場所   :神奈川県三浦郡葉山町 葉山港 会議室

      https://www.riviera.co.jp/marina/hayama/access/index.html

受講資格

(1) JSAFメンバーであること

(2) 所属する加盟団体・特別加盟団体またはJSAFレースオフィシャルズの長から推薦された者

新規認定料:3000

持参する物:(

1) JSAFメンバー証、および、そのコピー
(2) 
上記1の(2)の推薦状
(3) 
新規認定料(3,000円)
(4) 
ルールブック2017-2020(セーリング競技規則2017-2016)、
  および、最新の正誤表( ダウンロードは→こちら 
(5) 
最新のケースブック
(6) 
セーリング競技規則42World Sailing公式解釈
  規則42World Sailing公式解釈邦訳版のダウンロードは →こちら
(7) JSAF NJ/NU
規程
  JSAF NJ/NU規程のダウンロードは →こちら
(8) 
最近2年間の運営/ジャッジ補助等の経験(過去2年間に3回以上必要)
(9) 
最近2年間のセーリング経験(乗艇した年月および艇種、過去2間に5回以上必要)

申込先  :日本ウインドサーフィン協会 宮崎 景

judge@windsurfing.jp   090-3336-6361

申込期日:平成3069

備考   :申込は、「氏名、所属団体、メールアドレス、JSAF会員番号」を上記メールアドレス宛に送信してください。

 

 

記事を見る 

バッジテスト合格者をお知らせします

下記の合格枠に該当する方々が競技認定によるバッジテストの合格者となります。

認定を受けるためには申請が必要ですので、最下部の「申請手続きについて」をお読み頂き、手続をして下さい。

 

《本栖湖チャンピオンシップ 2018》によるバッジテスト合格者

○1級合格者

スペシャルクラス 参加全選手

レディースクラス 1~6位の選手 

ノーカムムクラス 1~ 2位の選手

○2級合格者

メンズクラス 11~ 20位の選手

レディスクラス 7~ 10位の選手

ノーカムクラス 3~ 5位の選手

○ 3級合格者

メンズクラス 21位以下の全選手

レディスクラス 11位以下の全選手

ノーカムクラス 6~10位の選手

ビギナークラス  1~ 4位の選手

ジュニアクラス 参加全選手

  4級合格者

ノーカムクラス  11位以下の全選手

ビギナークラス  5位以下の全選手

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■各級の説明

1級 プロクラス、スペシャルクラスにエントリーするために必要なグレードであり、最高峰の技術レベルの証明です。

2級 オープンAクラスにエントリーするために必要なグレードです(現段階ではまだ適用していません)。

3級 国体に参加するためには3級以上の認定を受けている必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■申請手続にいついて

下記のURLから申請を行って下さい。

必要事項を入力後に送信して頂くと自動返信メールが届きますので、指示に従って手続を進めて下さい。

http://jimukyoku.jw-a.org/test/appli/

ご不明な点などのお問い合わせはメール<shikaku_ml@jw-a.org>まで。

記事を見る 

こんにちは!

JWAフリースタイル委員会です!!

 

JWA JAPAN TOUR 2018-19 FREESTYLE #2 TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018 を

無事開催することができました。

 

  • 日程 2018 年 5 月 19 日 (土曜日) - 20 日 (日曜日)
  • 場所 山梨県南巨摩郡身延町 本栖湖ファンボードゲレンデ

 

同大会に参加された皆様、運営いただきました皆様、ご協賛してくださったメーカー様を初めとした皆様、

応援観戦してくださった皆様、まことにありがとうございました!!

 

遅くなりましたが、大会リザルトをまとめましたのでご覧ください。

 

大会結果 リザルト ヒート表はこちらから。

 

TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018 リザルト ヒート表

 

また JWA 公式の大会映像を YouTube にて公開しております!

 

 

そしてJ299 橋本プロの計らいにより、同大会にエントリーしたアマチュア選手にインタビューするという企画が行われました。

 

その動画も公開しておりますので、ぜひご覧ください!

 

記事を見る 

開催日程     2018年5月19日(土)、20日(日)

開催場所   山梨県南巨摩郡身延町 本栖湖ファンボードゲレンデ

今年も沢山のご支援を頂き、JWA JAPAN TOUR 2018-19 FREESTYLE #2「 TRICK’N TRY MOTOSUKO 2018 」開催することができました。 

参加の皆さま、協力、協賛、運営、応援してださった皆さま、そして本栖湖大会開催にあたり毎年ご尽力してくださる 浩庵荘の赤池 様 本当にありがとうございました。

 

大会2日間は素晴らしい天気と景色に恵まれたものの、期待された強い南風には残念ながら恵まれませんでした。

プレーニングの各クラスはキャンセルとなりましたが、 ノンプレーニングの各クラスが成立、セッションイベントも行う事ができました。

また、大会参加者による湖畔のビーチクリーン、プロ選手主導によるフリースタイルhow toクリニックやアマチュア選手にスポットを当てたインタビューを行う事ができました。 

まずは、競技結果速報をお伝え致します。 詳しいご報告は後日投稿致します。

 

ノンプレーニングスペシャルクラス

優勝 津野 健介 選手

準優勝 池照 貫吾 選手

3位 小林 悠馬 選手

 

ノンプレーニングオープンクラス

優勝 角谷 暸介  選手

準優勝 小西 麻文 選手

3位 橋本 陸汰選手

4位 武田 知久 選手

 

ノンプレーニングビギナークラス

優勝 小西 陽人 選手

準優勝 田口 海渉 選手 

3位 杉 僚真 選手

 

 

U-18 フリースタイルチャレンジクラス

優勝 小西 麻文 選手

準優勝 田口 海渉 選手

3位 小西 陽人 選手

 

 

セッションイベント

ヘリコプタータック 30secチャレンジ 

優勝 吉田 洋海 選手

 

 

セッションイベント

ゲコ 30secチャレンジ

優勝 杉 匠真 選手

 

 

 匿名の方よりGAセイルのご協賛を ライダー 杉 匠真 PRO より抽選会

 

浩庵荘 赤池様より ご挨拶

 

大会集合写真

 

記事を見る 

今日は強めの南西風ながら、参加された皆さんが凄く上達されていました。とても初めてやったとは思えないほどでした。 優秀なインストラクターの先生方も一生懸命にお手伝いをしてくれました。 マリンスポーツを楽しみたい方が集まり、マリンスポーツの楽しさをひとりでも多くの方に伝えたい者が集まり、6日間240名近くの一大イベントが今日で終わりました。 またこの夏、どこかの海や湖、川などで一緒にマリンスポーツをできることを楽しみにしております。 ありがとうございました。 JWA(日本ウインドサーフィン協会)普及担当理事 福島英彦

記事を見る 

 

2018.5.15(火)

最終日は全日程の中で最も暑いスタートとなった。

昼頃からの吹き上がり予報がタイトなスケジュールに間に合うのかそれとも
ギリギリなのかとヤキモキされつつ刻々と時間が流れていった。
そんな中で時間を持て余さないようにという考慮なのだろう。
昨日に続いてファンレースが行なわれた。

チーム日本の連勝だった昨日の再現なるかと期待されたが、今日のレースは
残念ながらヨーロッパチームに持って行かれた。

さて本線は、意外に風の上昇が遅い中でフォイルレースが行なわれるインフォメーションが流された。
フォイルにはやや強めと言えてもスラロームには不足。

そんな風速が上下しながら更にスケジュールは追い込まれていった。
そしてセッティングされたのは「フォイルレース」。

コースレイアウトはリニューアルされ、シンプルなコース設定となっていた。
そして思惑通りに3ヒートある1シリーズが成立。このレースが今大会のファイナルレースとなった。


最終スケジュールとして行なわれた「フェアウェルパーティー」。
関係各位が一堂に集まり、最後のひと時を持って終結を迎えることとなった。

そして来年の開催に向けて全てが動き出す始まりでもあった。
ウインドサーフィンというスポーツを介しての人と人の繋がりが、この大会を作り上げている。
また来年再びこの場所で世界最高峰の闘い「PWA World Cuo Yokosuka」を目の当たりにしたいものだ。

いや、必ずや見られることでしょう。
大いなる期待を持ってこのレポートを終えることにします。 霜山

記事を見る 

速報!

2018年5月10日-15日までイギリス・ロンドンで行われている、ワールドセーリング Mid -Year Conferenceにおいて、2024年オリンピックセーリング競技でウインドサーフィンの採用が決まりました。競技で使用される艇種については11月のミーティングで決まる予定です。

記事を見る 

2018.5.14(月) DAY-5

日曜夜の大雨と強風は何処へやら。

対岸に見える千葉・房総半島は霞んでいるものの、穏やかな晴天から1日が始まった。

早朝までは強めの南西が残っていたが、スキッパーズミーティングの始まる頃には北東の風になっていた。
気温の上昇が見込まれる天候であったため、昼過ぎ頃からのサーマルを期待するところもあったが、
結果的にはレースを行える風速に至ることはなく、1日のスケジュールを終えることとなった。


ポカポカ陽気の1日ではあったが、ギャラリーを楽しませる仕込みは用意されていた。
つい最近復刻版としてリメイクされた「ウインドサーファー艇」が4セット用意され、
4チームのリレーレースが行われることとなり、日本のチームも結成された。
風はとても弱く、しかも乗り慣れない「ウインドサーファー艇」。
ごく単純なコースを周回してバトンタッチしていくだけなのだが、世界のトップフィールドで
戦う選手が呆気なく転んだり、風を見失って動けなくなっていたりとギャラリーを沸かせる場面が多々あった。
そしてこのファンイベントもなんと賞金レース。
行なわれた2レースともチームジャパンがトップとなり、賞金ゲット!
穏やかなコンディションに見切りをつけて早めにリリースとなったが、明日は最終日。
予報は昼頃からのサーマル的風。

スケジュールがタイトになる中、メンズ、ウイメンズ共に途中まで進行している第2レースの成立を望みたい。


会場を盛り上げてくれている脇元さんと今田さん!

記事を見る 

こんにちは♩
ビバ!ウインドラボの 山田 梨央です(*^_^*)


本日、津久井浜海岸にて行われたANA ウインドサーフィンワールドカップ。
この大会は、毎年ヨーロッパを中心に10カ国程度を転戦して開催されています。日本では昨年24年ぶりに横須賀大会が復活しました!

人工の動力を一切使わずに、風の力だけで海上を滑るウインドサーフィンのレースは、条件が整わないと決行されません。今日は夕方までは風も十分あり、レースを見ることが出来ました!

 

まずレースを見ていて感じたことは、圧倒的なスピード感!

トッププロレベルでは、時速90キロほどのスピードだそうです∑(゚Д゚)!

 

途中で風がなくなると、レースは一旦中断し、沖に出ていた選手たちが一斉に浜辺に戻ってきます。

浜辺にはたくさんのボードとセイルが!

間近で見れることはなかなか無いので、貴重な経験が出来ました!

 

また、会場の外には大型ビジョンがあり、実況中継をリアルタイムで観ることも出来ます!

浜辺からでも、迫力満点の競り合いをこんなに拡大してみることができるんです。

間近で肉眼で観るも良し!
実況とともにビジョンで観るも良し!
ウインドサーフィンワールドカップはさまざまな楽しみ方があることを知りました!


本大会は15日まで開催されています!
皆さんもぜひ、海の風を感じながら白熱したレースを見に来ませんか?(*^_^*)

山田梨央

記事を見る 

世界の代表選手と交流できる!!

こんにちは!JWAのアンバザダーとして活動させていただきます。ビバ!ウインドラボの前田京香です。

 

私は世界各国から集まる外国人選手たちに取材してきました!★

話しかけたら気軽に写真を撮ってくれました。こんなにフランクに選手と近づけるスポーツはあまりないので、観戦するだけではなく、選手と触れ合えることもウインドサーフィンの魅力の1つだと思います。

 


こちらはイングマール・ダルドルフ選手。

ウインドサーフィンサーフィンを始めたのは7歳の頃で、その頃から毎週末ウインドサーフィンをしていたそうです。インタビューにも優しく答えくださいました。


こちらはジュリアン・クエンテル選手。

今日は午後から雨が降ってしまい、5時まで待機をしていて「ちょっと暇だな」と話してくれたり、最後にサインをくれたりと、とてもフレンドリーな方でした。

 

こんなに沢山の外国人選手と間近でお話しできるスポーツはなかなかないので、初めての人でも色んな楽しみ方ができます!
あなたも推しメンを探して見ませんか?

 

前田京香

記事を見る 

2018.5.13(日) DAY-4

このワールドカップが始まる前から最も吹き上がるのは日曜日だと、誰もが予想していたことだろう。

その日曜日が始まると、事前予想通りに「朝は」強めの風が津久井浜に吹き込んでいた。
PWA運営スタッフ、選手、ギャラリーの誰もが迫力のあるレース展開を楽しみにしており、
スタート時はまさにその通りの展開だった。

始まりはメンズスラローム第2レース第1ヒート。ここから怒濤の連続ヒートが続いていく筈だった。


しかし、オープニングのヒートからまさかのキャンセル。どうやらレース中に、どこかのポイントで
ミニマムウインドを下回ったようだった。
見た目ではいずれの選手もプレーニングし続けているようだったが、実はコース上では違っていたようだ。

このあたりのタイミングから徐々に風が乱れ始め、風向の変化、風速の変化と運営を
悩ませるコンディションとなっていった。


それでも今日のコンディションは強烈だった。予報通りに吹き抜ける風は25ノット以上となっていて、
ブローホールの10ノットと比較するとあまりにもガスティだった。
レース中にプレーニングしなくなってしまっては勝算はない。
だから必然的にミニマムに合わせた道具をチョイスすることになる。
つまり、マックスのブローが入ればとてつもないオーバーパワーを受け入れないければならなくなる。

しかしながら、そんな状況は長くは続かず、ウェイティングが続けられつつ更に風速は落ちていった。
結果的に、成立したヒートは僅かに7ヒート。


最後は、弱風後に雨となり、1日のスケジュールがキャンセルとなった。


会場に降り続いた雨の中、サポーターズミートに参加してくれた方々が最後の集合。
ビーチクリーンを予定したものの、ゴミ拾いもできないほどの雨に見舞われてしまい断念。
雨が強いために、予定されていた撮影にも集まった人数が少な目。

それでもワールドカップ選手達と一緒に集合写真をパチリ。


ご協力いただきありがとうございました!




 

記事を見る 

今日は強風が吹き荒れる良そうでしたが、午前中も午後も楽しく可笑しくウインドサーフィンとSUPのレッスンができました。マリンスポーツを楽しんでいただくのはもちろんですが、ここ横須賀の海で遊んでいただくを第一に考え、イントラの先生をはじめ、受付をしてくださるボランティアの方たちが一体となって対応致しました。

その結果、皆さんとても上達してお帰りいただくことができました。あと2回か3回くらいやったら、間違いなく一人前のウインドサーファーやSUPerになれると思います。是非、再度トライしてみてくださいね。そして、どこかの海で一緒に遊べる日を楽しみにしています!

記事を見る 

こんにちは!ビバ!ウインドラボ メンバーの林愛莉です(^^)

他のメンバーの記事に引き続き、私は『ウインドサーフィンワールドカップ観戦アプリ』を使った観戦の楽しみ方についてご紹介します!

海辺で観戦していると、臨場感はすごく伝わりますが、実際のところ細かな選手の動きや、特に初観戦の人にとってはルールが分かりづらいことがあります...

そんな時にこのアプリを使うと、3Dバーチャルで自由自在に動きを見ることが出来ます!!
このように指でボードの周りを動かして確認出来るのが楽しかったです!笑

また、見逃した試合をこのようにもう一度見ることが出来るのもとても便利です(^^)

このアプリのバーチャルは、会場のモニターでも上映されています!

試合をより細かく観てみたい!見逃した試合や気に入った瞬間をもう一度見たいという方は是非使ってみて下さい!ダウンロードはこちらから^_^

→ http://windsurfing-lab.com/gullcast.html

 

林愛莉

記事を見る