今シーズンのモロッコで行われている、IWT第一戦「IWT Morocco Spot X」のプロクラスにおいて見事4位に入賞した石井孝良プロからレポートが届きました。http://internationalwindsurfingtour.com/

「プロクラスは2日に分けて行われました。ヒート進行は計24人のリパチャージ方式。1回戦は各ヒート3人で1位通過の選手がスキップして3回戦に上がり、2位と3位の選手は2回戦の敗者復活に回る。

1日目の風はサイドショアで弱く波は頭〜ロゴハイ。14分+2分トランジッションのwave2/jump0方式でその日は1ラウンド全てを終わらせた。

2日目の風はサイドショア、セミファイナルからサイドオフショアで4.2㎡ジャストの風。手前は弱い。 波はマスト〜時々マスト半のサイズが入っていた。

ファイナル以外18分+2分トランジッションのwave2/jump0方式。ファイナルは30分+2分トランジッションのwave2/jump1方式。

1回戦、2本ともロングライドでき2本目の波ではゴイターを決め1位通過で突破。それでも2位との差は1〜1.5点ほど。

3回戦、試合中最大セットの綺麗なものを取りかなりロングライド。ブジュマが1位通過、自分は2位通過でベスト8進出。

4回戦(セミファイナル)、サイドオフショアの強目の風、自分の最も得意なコンディションに変わった。波は少し上がった。
1発目のセットの波でバーティカルなリップとかなりでかいエアリアルのあとロングライドを決め8点〜8.5点を出し2位通過でファイナル進出。1位通過だったアントワンは10点出した。

ファイナル、このヒートはジャンプありで30分ヒート。波はさらに上がった、バーティカルなリップや、エアーからのロングライドなども決まり調子は良かった。ロングライドのあと2回ゴイターを持ってきたが決まらず。波もあまり良いものを取らせてもらえなかった感じがあった。バックループもかなり高いものをクリーンメイク。ほぼベストは尽くせたが結果は4位でした!」

今後の日本の若手の活躍が益々楽しみです。

photo:Nicolas Jones