NEWS/TOPICS

RS:X世界選手権 DAY 5

RS:X世界選手権 DAY5

残念ながら、メンズ、ウイメンズ共にメダルレース出場は叶わなかった

■風向 北東~南東~北東
■風速 4~10Knot
■海面 フラット

 メダルレース進出を掛けた大事なレースが始まった。
今日(22日)のレースで全てが決まる。しかし、無情にも風は弱く、風向すら安定しない。
「GOLD FLEET」のメンズとウイメンズの全ての選手が一旦レース海面に向かったものの、
コンディションが整わずにディレイとなった。

 午後になって気象予報通りに風は時計回りに回り始め、東南東~南東へと落ち着き始めた。

風速の上昇も見込めたのであろう、レースコミッティの判断は素早く、アッという間に
レースを戦う準備が整えられた。

 我々が期待するのは、メンズの富澤選手とウイメンズの小嶺選手。
ここまでの総合順位は富澤選手が10位、小嶺選手は16位。上位の成績を収められれば、
メダルレース進出は決して夢ではない。しかし、簡単には許してくれなかった。
富澤選手は今日の1レース目にトラブルに巻き込まれDNF(Did Not Finish)になる。
レース途中でコース変更となった2レース目を7位で終えたことからも、とても悔しいトラブルだと
言えるだろう。

一方の小嶺選手はスタートこそ悪くなかったのだが、終わってみれば最下位となってしまった。
メンズは2レース、ウイメンズは1レースの成立となり、共にトータル9レースを終えたところで、
富澤選手19位、小嶺選手20位。残念ながらメダルレース進出は成らなかった。


 今大会での中国選手の力は強烈。メダルレースに進出を果たした中国選手は、メンズで3名、
ウイメンズでは5人もが進出。男女合わせて20人中8名が中国選手というのは驚きだ。
一発勝負となるメダルレース。メダリストのオランダ、ドリアン選手もその実力は折り紙付きだけに、
その熾烈な争いから目は離せない。

 一方、メダルレース圏外ではあるが「SILVER FLEET」で闘いを続けているウイメンズの日本選手が
意地を見せている。今日2レース、トータル10レースを消化し、大西選手がトップ。

リオオリンピック出場の伊勢田選手が4位。メンズでは池田選手が5位と健闘を見せている。

成績表:    メンズ   ウイメンズ