RS:Xヨーロッパ選手権 大会最終日

大会5日目(最終日)

今日は少し肌寒く、曇り空。 最終レースはこれまで行っていた海面ではなく、隣のB海面で行われました。陸風ですが、軽風のためにシフティな海面でした。

レースは定刻から1時間ほど遅れて女子からスタート。日本選手は3人ともいいスタートを決めます。 1上を新嶋選手が5位、大西選手が6位で回航。
新嶋選手は下りで8位まで落ちるも、2上でしっかり左からの風を掴み3位で回航。下りで2つ順位を落とすものの5位でフィニッシュ。
大西選手は左の風をうまくつかめず、順位を落としてしまいました。
2人ともよく考えて最後まで諦めずにレースができたと思います。

 

 男子の池田選手は1上を中盤で回航、2上でしっかりコースを考え順位を上げて11位で最終レースを終了しました。コースを考えたレースができたと思います。まだまだ課題は残りますが、今後のレースで課題をクリアできるようにしていきたいと思います。

 

5日間の応援ありがとうございました。

 

選手のコメント

池田健星
「今大会を終えて、自分には1レース1レースに対するパッションがトップ選手に比べて足りていないと実感しました。体力の増強に伴い艇速は伸びるようになっているので、今後は今以上に強いパッションを持ち、自信をつけたいと思います。
最後に、今回のような貴重な遠征のサポートをしてくださったコーチをはじめとする周りの方々、そして両親に深く感謝します。
ありがとうございました。今後も応援のほどよろしくお願い致します。」

 

 

 

 

新嶋莉奈
「最終日を終えて、風をしっかり見て基本に忠実に走れば必ず前を走れると感じました。今日は余計な欲を出さずに基本的なところをしっかりやったので、今までで1番いい走りができました。今大会を通して私がもっとも学んだことはコース引きの基本です。これからも基本に忠実にていねいなレースをしていきたいと思います。」

松浦花咲実
「今日でヨーロッパ選手権が終わりました。順位を上げることはできなかったのですが、レースの組み立てやスタート、タックのミスをしても順位を上げられるレースができたので、とてもいい経験になりました。応援してくださった方々ありがとうございました。」

 

日本人選手の成績

男 子

47位20-24-16-24-25-25-3-(27)-8-23-6-11 池田 健星(明治大学・KAYA)

62位27-25-32-27-26-31-31-16-13-17-24-20 尾川 潤(島精機製作所)

女 子

19位32-34-23-8-8-25-16-(35)-20-6-24-9-8 大西 富士子(ホマレ電池)

29位13-30-29-34-32-18-35-(DNS)-33-33-33-30-5 新嶋 莉奈(慶応義塾大学・NTTぷららひかりTV)

33位18-32-28-(33)-31-31-23-32-29-34-31-29-22 松浦 花咲実(同志社大学)