JWA JAPAN TOUR 2017-2018 WAVE#2 2018 PRO-AMA TOURNAMENT Day3

大会3日目、場所を御前崎メインビーチに移して、午後1時45分にとうとうヒートが再開されました。しかし、時間的な部分と厳しいコンディションの中では正式な大会の実施は困難と判断され、スーパーセッションでのヒートが開始されました。
 
ヒート時間は30分。開始10分前に海に出て、アウトサイドからスタートのフォーンを待つ形がとられました。
 
コンディションは雨の降る中のほぼストレートのオンショアかつミニマムぎりぎりの風で波はセットで胸~頭でした。かなりのハードコンディションではありましたが、世界に通用するほどの実力をもつ、国内最強のプロアマ選手達が素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくれました。
 
なかなか写真ではわかり辛い部分もありますが、本当にカッコよかったです。動画でも撮影していただいているので後日出来上がるのが非常に楽しみです。
 
メンズの優勝は板庇雄馬プロ、2位に中学生の杉匠真プロ、3位に吉武雅博プロが入りました。女子は渾身のバックループを魅せた佐藤素子プロが優勝しました。
 
運営側ができる限りの舞台を整え、選手ができる限りの渾身のパフォーマンスを魅せる。とても一体感のある大会になったかと思います。もちろん、運営側として、行き届かない面も多々あったと思います。反省も含め、来季に活かしていきたいと思います。
 
今シーズンは今大会が最終戦となり、年間チャンピオンは浅野則夫プロとなりました。リザルトなどは後日アップします。
 
※急遽、運営スタッフのご厚意により、スタッフ10人の日当分から賞金設定が設けられました。選手への思いが詰まった賞金です。ご協力してくださった運営スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!