JWA Amateur Super Slalom 2018 レポート

2018年12月8,9日に神奈川県津久井浜にてJWA Amateur Super Slalom 2018が開催されました。プロ選手運営による、アマチュアスラローマーNO.1を決める大会でもあり、男女共に、優勝者にはプロ資格を取得できる権利が与えられます。

昨年度はJPN-63 叶プロがこの大会で優勝し、プロ資格を取得しました。

クラスは、①スペシャルクラス②レディースクラス③オープンAクラス④オープンBクラス⑤ビギナークラス⑥マスターズクラス 計6クラス、約160名参加による大会が開催されました。

大会会場風景1

大会会場風景2

大会本部テント(テント内ではトン汁、カップラーメン、お菓子等のサービスもありました)

大会初日

沖合では津久井浜特有の北東風が朝から吹き、まずスペシャルクラスからのスタートとなりました。

メンズスペシャルクラスには、49名の参加1ヒート12or13名6名勝ち上がりによる1/4ヒート。

コンディション 風向・北東 風速・8~12ノット 各選手最大セットを使用。

予選1ヒート、2ヒートまで成立しましたが、風速が落ちて3ヒート以降は大会2日目へ持ち越しとなりました。

ビーチサイドでは、オープンBクラスとビギナークラスの試合が進行し、オープンBクラスは、24名参加ビーチスタートによる1ヒート12名6名勝ち上がりの1/2ヒート。

ビギナークラス12名参加ビーチスタートによる、12名一斉での一発勝負。

コンディション 風向・北東 風速・5~10ノット 

オープンB、ビギナークラス共に、3レース成立し、大会一日目は終了となりました。

オープンBクラスコース図

ビギナークラスコース図

ビーチスタート前風景

 

ビーチスタート風景

大会2日目

朝からしっかり風も吹き、昨日のメンズスペシャルクラスの続きヒートからのスタートとなりました。

コンディション 風向・北東 風速・14~18ノット メンズ選手で7.0㎡~7.8㎡のセイルサイズ、110liter前後の中スラを使用。

この日は、レディースクラス・オープンAクラス・マスターズクラスもレースが行われました。

レディースクラスには、16名の参加1ヒート8名4名勝ち上がりの1/2ヒート

オープンAクラスは、60名の参加1ヒート15名7名勝ち上がりの1/2ヒート

マスターズクラスは、8名参加の8名一斉での一発勝負

コンディションの方は、午後になり風速10~15ノットとなりましたが、沖合のレースは順調に進行していきました。

メンズスペシャルクラス2レース、レディースクラス2レース、オープンAクラス2レース、マスターズクラス1レースの試合が成立しました。

スペシャルクラスFAINALスタート直後

 

マーク船からの風景

スペシャルクラス優勝 青木選手

 

オープンAクラス優勝 山浦選手

ビーチサイドでは、昨日に続きオープンBクラス、ビギナークラスが行われました。

コンディション 風向・北東 風速8~12ノット

オープンBクラス、ビギナークラス共に、4レース成立。大会初日の3レースと合わせて、計7レース行われました。オープンBクラス優勝 小西選手

ビギナークラス優勝 田口選手

表彰式

ビギナークラス入賞者(1位田口2位若狭3位横尾4位近藤5位田口6位加瀬)敬称略

 

オープンBクラス入賞者(1位小西2位吉永3位杉4位原野5位村岡6位三橋)

オープンAクラス入賞者(1位山浦2位三品3位種村4位舟橋5位小西6位米田)

マスターズクラス入賞者(1位 小島 2位 加藤 3位 力竹)

レディースクラス入賞者(1位山辺2位佐伯3位西岡4位西方5位窪田)

スペシャルクラス入賞者(1位青木2位生田3位金上4位長谷川5位忽那6位下村)

 

次節2019年2月1日、2日、3日に奄美大島にてTSUKASA JAPAN CUP 2019が開催されます。司企業様のサポートによりアマチュア選手の道具運搬費は5000円となっております。皆様の大会参加、宜しくお願い致します。

 

ドローン映像、写真を提供して下さった、竹中様・杉様・岩崎様・福田様ありがとうございました。

最後になりましたが、ハードなコンディションで大会を運営して下さったプロ選手の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。この場をお借りお礼申しあげます。