NEWS/TOPICS

長らく「梅園CUP」の名で、FWの年間ランキングを決める重要な一戦として親しまれてきた同大会だが今年は会場の工事に伴い大分県杵築市住吉浜リゾートパークにて「住吉浜CUP2017」として開催された。

今年の大会で注目を集めたのが、今年日本に本格的に上陸したフォイルを使用してのレース「第一回ナショナルフォイルボードクラス」だろう。日本初となるフォイルを使用した公式戦、いったいどういうレースになるのか皆興味津々だった。

大会初日はあいにく風が弱くFWクラス、フォイルクラスはノーレースとなった。しかし二日目に強風予報がでているなか、「使用するフォイルのウィングの組み合わせは?」とか「そもそもそんな強風でフォイルのレースってできるの?」とか風待ちの間の選手の話題はもっぱらフォイルだったことからも、普段あまりフォイルをしていない選手からの注目度も高いことを感じた。

大会二日目、朝起きて部屋のカーテンを開けて海を見るとすでにかなりの強風が吹いているのが分かった。ブローは10mをこえるであろう風のなかフォイルに乗った経験はない。普段の練習ではフォイルに乗ろうとも思わない風だ。

はたしてレースを行うことが可能なのか?不安を感じながら会場に向かい準備を進めた。

まずはFWクラスが最小セイルでもオーバーな強風のなか1レース目がスタートしたが、上マーク付近でホールができてしまいキャンセルに。FWクラスをいったん浜にあげ、そして、ホイルクラスを行うとのアナウンス。

多くの選手が7.0㎡前後のセイルとフォイルボードかFWボードにフォイルをセットし、ふわふわと浮きながらスタートラインへ向かう。その中でひときわ目立っていたのが、穴見プロだった。この風の中でも完全にコントロールしきっている感じで強いハイクアウトフォームとアンヒールさせたキレのある走りをしていた。

そして第一レーススタート。今回のレースはスタボースタートに限定されたことも大きかったのだろう。心配されたスタートの混乱もなく、下から穴見プロが良いスタートを切り抜群のスピードでぶっちぎりのトップフィニッシュ。2位には生田が、3位には8.6㎡で走り切った山田プロが入った。

バックトゥバックで行われた続く第二レース。風が落ち始め7.0㎡ではフライトしない時間もある難しいコンディションのなか、穴見プロがアンダーでも他を寄せ付けない走りをみせ連続でトップフィニッシュを飾った。

今大会はこの2レースで終了となり、1位穴見プロ、2位山田プロ、3位生田選手となった。

現在は弱めの風で乗る機会の多いフォイルだが、日本で初めての開催となった本大会が想定以上の強風のなかでも事故なく無事に、そして各選手もウィンドで走るのと同じようにしっかりとレースをできていたことは大きな収穫だろう。フォイルはしっかりと安全面の知識をつけてトライすれば決して怖いものでも危険すぎるものでもない。

フォイルのあのふわふわと浮きながら走る感覚はなんとも言えず気持ちのよいものだし、まだまだ日本に上陸したばかりのフォイル。これからどんどんニューモデルも発表され愛好者もふえていくことだろう。

この大会を皮切りに今後多くのフォイルレースやイベントが開催されウィンドとともに発展していくことを期待したい。