ワールドセーリングマイアミ大会5日目 RSXクラスのメダルレースが行われました。

メダルレースはトップ10までの選手のみで争われ、RSX女子の須長選手(8位)と大西選手(9位)が出場しました。
 
この日も強風レースとなり、メダルには届きませんでしたが須長選手が2位フィニッシュで総合8位で終えました。
ベテラン須長選手は強風レースでは世界でも通用する実力を見せ、トップフィニッシュまであと少しというところでした。
そして、前半好スタートを切った大西選手はメダルレースでは10位フィニッシュで総合9位で終えました。今大会は日本人選手2名がメダルレースに残り、最後まで目が離せない大会となりました。
ただ、全体的には前半が軽風、後半は強風と難しいコンディションでもありましたが、軽風に強い選手と強風に強い選手と両極端だった印象が残りました。
 
それでも日本女子の実力はこの数年どんどん上がり、メダルレースでも活躍する選手が増えてきました。
今後は日本人女子の表彰台に期待したいと思います。
 
女子の最終リザルトはこちらからどうぞ。
https://www.manage2sail.com/en-US/event/271867bf-f41f-4d64-81b4-faea2cd65e80#!/results?classId=4ca8d7e5-cfa8-4d21-8a1c-f68f4689d7b6
 
 
RSX男子の富澤選手は前半の体調不良の成績が響き、後半追い上げるのも総合19位で終えました。
 
男子の最終リザルトはこちらからどうぞ。
https://www.manage2sail.com/en-US/event/271867bf-f41f-4d64-81b4-faea2cd65e80#!/results?classId=cf624bab-6bd7-4cd6-b74d-cfa92645ba3e
 
たくさんの応援ありがとうございました。
東京オリンピックまでまだまだ続きます!引き続き、選手の応援宜しくお願いします。